新居選び

私はずっと、「一人暮らしをするなら絶対にここだ」
と決めていた場所がありました。
それは、実家のM市の隣であるN市です。
電車の各駅停車で5分、自転車でも行ける距離と近場です。

急行停車駅への憧れ

電車

私は高校、大学、会社と電車を使って通学・通勤していましたが、
実家のM市は各駅停車しか停まりませんでした。
なので私はずっと、急行が停まる駅に住みたかったんです。
このN市なら急行も停まるし、時間によっては特急も停まる駅なので、
ずっとこのN市に住んでみたいと思っていました。

おまけに私は、会社へ行くのに通勤定期を持っていました。
会社に行くにはN市から実家のあるM市を通って、
さらに会社の最寄駅で降りる、という距離感です。

通勤定期で実家にも帰れる!

通勤

私の一番の狙いは、このN市からの通勤定期を持てば、
実家にはいつでも、この定期でお金をかけずに帰ることができます。
会社からの距離は5分遠くにはなりますけど、
急行で通勤できることを考えれば、実家の時と通勤時間は変わりません。
これも私が一人暮らしをN市で始める動機になりました。

さらにこのN市は隣の市ということもあり、
私にはある程度の土地勘もありました。
中学生の時にはしばしば自転車でクラブの試合に行ったり、
大学時代のアルバイトがN市など、馴染みのある市だったのです。
そういう意味でも、まったく知らない場所ではなかったことが、
初めて一人暮らしを始める安心感にもつながりました。

駅のあたりはスーパーなどもあり、そこそこ便利だったことも
生活するうえでは欠かせないポイントです。

これらすべてを踏まえて、私の中では文句なしにN市に決定したのです。

まとめ

いかがでしたか?学生時代は実家に住んでいた方が、就職のタイミングで一人暮らしを始める場合も多いでしょう。その際のポイントは何でしょうか?

せっかく一人暮らしを始めるから、実家から遠いところを選ぶ場合もありますが、サラリーマンやOLの最初の給料は、スーツ代や飲み会に消えてしまうことも多いです。
週末に実家に帰って、美味しい食事をお腹いっぱい食べれるメリットも大きいです。

引越し先のアパートやマンションの環境も大切ですが、実家とのアクセスも考慮しておいた方がいいかも知れませんね。