一人暮らし

私のように「期間限定の一人暮らし」をする上では、
注意しなければいけないことがあります。
それは、「一人暮らしで使用した家具や家電を、どうするのか」
ということを考えなくてはいけないことです。

ずっと一人暮らしをしていくなら、考える必要はありません。
しかしいずれは実家に帰るなり、結婚するなどして、一人暮らしをやめる場合には、
部屋は空っぽにして明け渡さなければなりません。
その時に、家具、家電は何も残してはいけないので、
どのようにするのかを考えておかないといけないのです。

実家に持って帰って使うのか、新しい引越し先に持っていくのか、
誰かにあげるのか、リサイクルや廃棄処分にするのかなど、
一人暮らしが終わった後の用途を考えておく必要があります。

たしかに新しい家具、家電をそろえて、自分の思うままに
一人暮らしを堪能するのは、とても楽しいことです。
しかし期間限定である以上、必ずいつかは終わりが来ます。

その時にどうするのかを考えずに、欲しいままに物を増やしていったら、
あとあと困るのは自分自身です。

何度も繰り返しますが、私はインテリアが大好きです。
部屋にはまだスペースがありましたから、
一人がけのソファやコンソールテーブルなど、
まだまだ欲しいものがあったことは正直な気持ちです。

しかし、一人暮らしをやめるときのことを考えて、
私はなんとかこの物欲をストップしました。
私の場合は結婚までの期間限定でしたが、
この家具、家電は結婚後の新居に持っていこうか、などと考えていました。

幸い妹が、私と入れ替わりに一人暮らしを始めることになったので、
すべてをまるごと譲り渡す形で終わることができましたが。

とにかく、「期間限定」である以上、終わりの時のことまでをも考えて、
部屋の中を思いのままにレイアウトしてください。