家電製品

引っ越し業者を使わずに、引っ越しをするでも述べましたが、私は実家から引越しをするにあたって、
荷物として運び込んだのは、衣類と雑貨類だけでした。
ベッドなどの大型家具と冷蔵庫などの電化製品は、
すべて新しく購入して、アパートに日付指定で運び込んでもらったんです。

引っ越しは5月のゴールデンウィークでしたから、
4月中旬くらいから電化ショップをまわり、冷蔵庫、電子レンジ、
洗濯機、テレビ、炊飯器、掃除機をまとめ買いしました。

新生活準備の一番のシーズンは終わっていたので、
店側へのまとめ値引きの交渉も忘れません。

そして日付指定で配送予約をし、あとは到着を待つだけです。

エアコンは部屋に完備だったので、購入する必要がありませんでした。

次に、通販で家具選びです。
こちらは在庫の関係があるので、日にち的に余裕を持たせるため、
3月中旬頃から通販のカタログをチェックし始めました。

そしてこちらも日付指定のサービスを利用し、ベッド、寝具、カーテン、
ラグ、テレビ台、一人用の小さな折り畳みテーブルを購入しました。

食器やカトラリー、タオルやマットなどのファブリック、
調理器具やその他細々とした日用雑貨は、駅前のスーパーや百円均一のお店で
すべて現地調達しました。

必要なものが出てくれば、その都度購入していくといった感じです。

こういうわけで私は、衣類以外はすべて新しいものに囲まれて、
とてもウキウキした気分で一人暮らしを始めたわけです。