028792
もうすぐ1年も終わります。
年末年始は帰省?旅行?いろいろと計画を立てられていることと思いますが、犬を飼っているお家の場合はわんちゃん連れ旅行というのもいいかもしれません。
ここ数年、ペット連れでの旅行やアウトドアはかなりブームになっていて、旅行業界やペット業界はもちろん、自動車業界、温泉施設などもペット連れ旅行を盛り上げようと、いろいろな取り組みを行っているんですよ。
特に温泉やペンションなどは、ペット連れ宿泊プランなどもあるくらい、「飼い主」の呼び込みに必至。
やはり、ペットがいるから外出できない、という飼い主に対して「じゃあ一緒に来てください!」という提案をすることで、お客さんを増やそうという狙いなんでしょうね。
さて、宿泊施設やエンターテイメント施設がペットOKでも、問題はそこまで行くための足、つまり車です。
自家用車がある場合は問題ありませんが、都市圏に暮らしている場合、車を持っていない人も多いですよね。
そこで選択肢に上がるのがレンタカーです。個人的には、どれだけペット連れ旅行が盛り上がってもレンタカー業界がペット同乗に乗り気でなければ、そのうちブームは廃れてしまうのではないかと思っています。
案の定、主要レンタカー会社のウェブサイトでレンタル規定を調べてみても、車内でペットを開放できるところはほとんど(というかまったく)ありませんでした。
同乗可能なペットは犬・猫のみ。必ずゲージに入れ車内開放は禁止、ゲージは後部座席の専用スペースに置くなど、なかなか厳しい規定ばかりです。
安全上の問題や、レンタルなので、毛やヨゴレがついてしまうことへの懸念なのでしょうが、これではペットがあくまでも「荷物」扱いで、レジャーどころではありませんよね。
だって抱っこするのもダメなんですよ。。
実家の犬は病院に行く時も海に行くときも、常に助手席の下で丸くなっていたので、それができないのは少し残念なような気がします。自家用車用のペット用品は豊富に揃っているのに、レンタカーの規定が厳しいというのも少し違和感。
とはいえ、せっかくペット連れ旅行がブームになっている今、ペットだけが家に置いてけぼりになるのではなく、家族と一緒に休暇を楽しむことができたら最高ですよね。
すでに年末はペットOKなお宿は予約でいっぱいかもしれませんが、2月、3月の3連休等、ワンコ連れで雪山などに出かけてみるのもいい思い出になるかもしれません。