032621

 

引越し前日~当日は何かと忙しく、ペットにかまっている暇もなかなかないと思われます。

そんなときに、ペットを友人・知人の家に1~2日預けられたら楽だと思いませんか?

とはいえ、動物を預かってくれる知人が身近にいるとは限りませんし、遠方にペットを「送る」というのも、非常に手間のかかる作業です。
そんなときには、近くに「ペットホテル」がないか探してみましょう。

ペットホテルの場所は、旧居の近くでも新居の近くでもかまいませんが、基本的には引越し作業を全て終えて、移動の直前にペットを迎えに行くのが最もスムーズかと思いますので、旧居宅の近くのほうがいいかな?

地方だと「ペットホテル」なんてないよ!という時もあるかもしれませんが、ホームセンターや獣医さんなど意外な場所でもペットホテルサービスをおこなっている場合があります。

たとえば、
・ペットを生体販売している、あるいはトリミングサービスを行っているペットショップ
・上記のサービス行っているホームセンターなどのペットコーナー
・入院施設のある獣医クニリック
など。

これらの施設には大抵、ペット動物が数日過ごせる環境が整っています。
でも、いつも満員とは限らないので、ゲージが空いている期間にペットホテル業で収入を得ている場合も。

これらの施設では獣医をはじめAHT(アニマルヘルステクニシャン)や、トリマーの方々が勤務しているので、万が一の場合にも安心です。

長期間預ける場合、ワンちゃんの場合にはお散歩もしてくれますが、引越し当日の日中に預けるだけであれば、散歩は不要かもしれません。

では、これらの施設に預けることができるペットの動物種は?

犬・猫・小動物(ウサギ、フェレット等)は基本的にどんな動物種でも大丈夫かと思われます。
ただし、大型犬などは追加で料金がかかる場合も。

鳥類は、その施設で普段扱っていれば、設備が整っているのでOK。

爬虫類・魚類などは、水槽から出さずにそのまま運ぶので、特別、預ける必要はありませんね^^

預ける際には、
・食べ慣れたご飯
・おやつ
・おもちゃ
・そのほか、薬など必要なもの
・万が一の際の連絡先

を持参し、お世話についての指示書も作成しておくといいでしょう。
短期間とはいえ、住みなれた場所を離れるので、ペットには少しでもストレスがかからないようにしてあげたいものです。

なお、友人・知人宅に預ける場合は、エサ、トイレグッズ等はすべてこちらで準備し、現金でも菓子折でもよいので、お礼を用意するのも忘れずに。