039020

 

4月は、引越しに伴い新しくペットを迎える時期でもありますね。
特に猫の場合は、引越しの時期に合わせて飼い始めるのがベストとも言われています。

新居で初めてペットを買い始める場合、気をつけなければいけないことがいくつかあります。
引越しの忙しさにペットを迎える準備まで手が回らない!という人も、下記の数点だけは忘れないように準備しておきましょう。

せっかくの新居ですから、人間もペットも気持ち良く新生活を始めたいですもんね。

絶対に忘れてはならないのは、引越し作業が一段落着くまでペットが落ち着いて過ごせるスペースの確保と水・トイレ。

一部屋確保するのが難しい場合は、サークルゲージなどでもよいので、人間の作業の邪魔にならないような環境を整えましょう。
とくに引越しの前後は部屋もごちゃごちゃしますし、人の出入りも多くなります。

脱走を防ぐためにもペットの安全を確保しておきましょう。

そして、新居を汚さないためにはトイレの準備も忘れてはいけません。
新居で新しくペットを飼い始める場合、引越し荷物の中にペットグッズが含まれていることはほとんどありません。

荷物を移動させるよりも新居に引っ越してから購入したほうが効率がいいですからね。
でもそのおかげで必要な段階になって「あ、アレがない!」ということも起きかねません。

水を入れるお皿くらいなら人間用の食器で代用が効きますがトイレ用品はそういうワケにもいかないので、絶対に忘れずに。

ペットの行動範囲全域にペットシーツを敷いておくようにすると、水をこぼした場合などにも安心です。

コンビニなどにも最低限のペット用品は売られていますので、立ち寄ったときにでもチェックしておくことをオススメします。

引越しが完了したら、今度はペットグッズを購入できるお店と動物病院の確認。
消耗品が多いのでネット通販が便利ですが、初めて利用する場合は配送までどれくらいかかるかわからないので、新居の近くの実店舗も確認しておきましょう。

動物病院は、日頃の健康チェックはもちろんですが、緊急時にお世話になる可能性もあるので、こちらもできれば新居からの「近さ」で選んでおいたほうがいいですね。
近所に複数ある場合や、動物種と病院の専門が合わない場合などは、インターネットやクチコミで調べて、なるべく近距離の病院をピックアップしておきましょう。
とくに鳥類、両生類、小動物などは診られる病院が少ないので注意が必要です。

以上、引越しと同時にペットを迎える際の注意点について簡単にまとめてみました。