リビングルーム

3月の怒濤の引っ越しピークシーズンを終えて、ようやく新生活に馴染み始めたという人も多いのではないでしょうか。私も今の家に引っ越してきて、1週間くらいはまだ家具も何にもありませんでしたが、だんだんと一つずつ家具を揃えていって自分の「城」をつくっていったような気がします。
そのことを考えると、何も始めからすべてを揃えておく必要はないんですよね。

引っ越しのときはついつい全部まとめて済ませたいような気分になりますが、意外と引っ越しの後でも問題ないことって多かったりして?

特に収納系は引っ越し後すぐでなくてもよかったと思っています。洋服や雑貨など、一人暮らしであればしばらく段ボールの中に入れたままでも気になりませんでした(笑)

そのほか、必ずしも必要でなかったものは、炊飯器、食器、アイロン、デスクでしょうか。逆に絶対にないと引っ越し当日から困ってしまうのは布団、冷蔵庫。電子レンジもあったほうがいいかも。
ベッドの引越し見積もり料金を安くするには?~運搬料金、解体、組立てダブルベッド、マットレス~
冷蔵庫の中身は入れたままじゃダメなの?前日準備(電源OFF)から引越当日の冷蔵庫引越し

コインランドリーも活用する

コインランドリー

私の彼氏は引っ越し当初、洗濯機がなかったため、3日に一度くらいコインランドリーに通っていたそうです。コインランドリーなら洗濯から乾燥までで300円程度。近くにコインランドリーがある場合はもしかしてそっちのほうが安かったりするのかもしれません。
それから、男性の同僚は引っ越しの際に布団を捨ててしまい、新しいものを買う時間がなかったため、引っ越した日から週末の夜まで段ボールを敷いて寝たという話も聞いたことがあります。夏だったからよかったようなものの、そういった事態はできるかぎり避けたいものです(笑)
洗濯機の水抜き方法と運び方(横型、縦型洗濯機の引越しと洗濯機置き場のチェック!)

また、費用の問題もあります。たとえば、引っ越し業者に払うお金や新居の敷金・礼金、保険料などなど、引っ越しのときにはまとまったお金が必要になります。確かに家具・家電も必要ではあるけれど、緊急の必要性がないのなら、なるべく支払いの時期をずらしたほうがお財布的にもありがたいはずです。
家電量販店などでも、「新生活応援3点セット」といって、洗濯機・冷蔵庫・テレビなどのセットを安価で売っていたりしますが、こういったセットも実は3月よりも5月・6月のほうが安いんですよ。だから、本当に自分に必要なものをよく考えて必要な物を一つずつ揃えていったほうが結果的に安く上がったというケースだってあります。

引っ越しを目前に急いでいろいろ準備しようと思わず、とりあえずは書類や届けなどに専念し、家具・家電を揃えるのは落ち着いてから、というのも一手と言えるかもしれません。