引越し費用は大丈夫かな!?

大手の引越し業者ではクレジットカードでの支払いOKの場合もありますが、

引越し料金を安く抑えたければ、現金での支払い必須です!

でも、手持ちの現金がなければ、どうしますか?

そんなときは、キャッシングを使う方法もあります。

現金とクレジットカード、値段交渉しやすいのは?

現金とクレジットカードで、値段交渉しやすいのは?

アート引越しセンターアリさんマークの引越社、クロネコヤマトなど大手の引越し業者では、クレジットカードでの支払いが可能なこともありますが、

現金とクレジットカード、どちらで支払うのが引越し料金を安くできるのでしょうか?

ライフカード、JCB、楽天カードなどクレジットカードで支払いをする場合、

私たちが支払った引越し料金が業者に渡るまで、数ヶ月かかる
クレジットカード会社に5%くらいの手数料を支払う必要がある

といった制約があるため、業者としては引越し料金をあまり安くできません。

手数料がかかって、引越し業者に現金が届くまでに時間がかかるのですから、仕方のないことですけど、私たち消費者としてはちょっと残念ですね。

ちなみに、これは、回転寿司でクレジットカードが使えない(場合が多い)のも同じ理由だと思われます。

というわけで、引越し料金を安くしたければ、「現金」を用意しておきましょう。具体的には、一括見積もりサイトなどで、お手ごろ価格な引越し業者を数社見つけます。

そして、訪問見積もりに来てもらい、正式な見積もり書を出してもらって、引越し料金を確定していくわけですが、ここで値段交渉をします。最終的にどこまで下げてくれるかは、状況にもよりますが、クレジットカードよりも、現金払いの方が値引率が大きくなるのは、ディスカウントストアと同じでしょう。

上記のために、まずは、一括見積もりサイトを利用して、安い引越し業者を探します。一括見積もりサービスにも色々ありますが、本サイトでおすすめしている一括見積もりサービスは、以下をごらんください。

一括見積もりで、引越し料金の安い引越し業者を探す

 

中小の引越し業者に依頼するなら、「現金」必須!

引越し費用は、現金で!

引越し料金を安く抑えようとすると、中小の引越し業者や運送業者の方々にお願いすることが多くなります。

大手の引越し業者と違って、町の引越しやさんや、赤帽の方々への支払いは「現金のみ」の場合が多いです。

クレジットカード会社と契約を結んでいない場合も多いですし、結んでいても手数料がかかったりするので、現金を歓迎するでしょう。

少しでも安い引越し業者を探そうとすると、大手の引越し業者だけでなく、中小の町の引越し屋さんも比較対象に入ってきます。

まちの引越し屋さんで引越し業務をお願いする際には、現金は必須となっています。現金の用意をお忘れなく。

手持ちの現金がないときには。。。。キャッシング!?

銀行のATMでキャッシング

引越しの値段交渉において、現金の大切さは分かって頂けたと思うのですが、

先立つものがなくては、どうしようもないですよね。

給料日前(学生の方なら仕送り前)とか、たまたま現金が手元になかったり、あっても、残しておかなくてはならないときもあります。

そんなときには、キャッシングを使う方法があります。あまりおすすめできる方法ではないかも知れませんが、ご利用は計画的に! の範囲内で有効活用するなら、ありかも知れません。

テレビCMで有名なレイクは、1週間無利息(ノーローン)のキャッシングですから、
引越し後すぐに返せば、無利息で現金を調達することも出来ますので。