1月

お正月もあっという間に終了!

すでに会社勤めも始まり、日常を取り戻された方も多いことだと思います。
年が明けてからテレビでやたらと目に付くなるようもの、、、それは物件検索サイトや住宅販売業者のコマーシャルですよね(^^)

これから本格的な引越しシーズンとなる2~3月を前に、suumo(スーモ)などの物件検索サイトやパナホームなどの住宅施工会社の新しいCMがたくさん流れるようになっています。

ここから、本格的に腰を上げて物件を検索され始める方も増えてくると思うのですが、この時期の物件探しと引っ越しはできるだけ要領よく取り掛かることをお勧めします。
ただでさえ、引っ越しシーズンと言われている時期ですので、とにかく物件を探す人も引っ越しをする人も非常に多くなります。

何も考えないで適当にやっていると、良い物件をミスミス逃してしまったり引越し希望日や希望金額で引越しが出来ないなんて損をすることにもなり兼ねません。
春から一人暮らしが決まっている場合には、まず年明けから迅速に物件探しを始めた方がよいでしょう。

「まだ1月だし、別にそこまで急がなくてもいいでしょ~」なんて思っていると、あっという間に2月に入ってしまい後で大慌てする可能性も高くなってきます。
逆にこれからやってくる引越しシーズンを前に、1月の今の段階では物件がまだあまり出ていないという話も聞かれますよね。

2月後半から3月にかけての時期の方が、物件数が増えてくるのは事実のようです。

ですが、その時期に出てくる物件というのは良い物件であればある程、競争率が高くなるもの。

出たとたんにすぐ借主が決まったり、ネットに掲載される前にすでに契約が決まってしまうものなども多くなります。

 

kensaku
その時期に、本気で物件探しをする時間的な余裕がある場合はそれでもよいかもしれませんが、仕事やバイトで忙しい合間をぬっての物件探しはかなりの労力を必要とするもの。

1月の今の時期に出ている物件は、数ヶ月前から掲載されている物件である場合も多く、引越しシーズンでなかったために誰の目にもとまらなかったような、いわゆる「掘り出し物件」であるケースも多いんだそうです。

家賃も引越しシーズンに強気な賃料設定ではなく、良心的な価格で大家さんが設定されていたりするので、先手を打って1月から一足早く物件探しを始めるメリットを最大限に発揮することもあるでしょう。
2月後半から3月にかけての引越しシーズンのピークを迎える前であれば、引越し業者が提示する料金もまだそこまで上がりきってはいないでしょうし、やっぱり引越しは早めにするのがいいのかも!