引越し料金の相場は?

疑問

毎日いいお天気が続き、まさに引越しびよりという感じですが、年度末の引越しピークシーズンを終えた今、引越し料金の相場や業者の空き具合はどんな感じなのでしょうか?

基本的に4月は3月にくらべれば引越し業者の予約もとりやすく、こちらの融通も通りやすいことは事実です。
しかし4月末には、引越しのもう一つのピークともいえる「ゴールデンウィーク」があることを忘れてはいけません。

とくに今年は増税もあり、3月末に引越しできなかった人も多くいます。
進学先や就職先から「ギリギリ通えなくはない」という距離に実家がある人が、ゴールデンウィークまで待って新居に引っ越そうと思ってしまうのは容易に想像できますよね。
ですから、そういった需要に併せて引越し業者もトラックを手配したり、見積もりを出したりしています。
3月の引越し見積もりで損をしない5つのポイント
4月に引越し

4月~ゴールデンウィークにかけての引越しを予定している人は早目の見積もり依頼と引越し準備をおすすめします。

何月基本的に連休中の引越しというのは混雑&割高になるものです。

引越し費用は曜日によって違う!?

スケジュール帳

同じ月の普通の土日や平日などよりも3連休のほうが引越し料金が高い!なんてよくあることですので、見積もりを取る際には、予定日ちかくの「連休」「平日」「土日」の3種類の見積もりをとってみるのも一案です。

学生やフリーターの場合、「見積もり」自体とったことがない人もいるかもしれませんが、簡単にいえば、事前の料金チェックのようなもの。
時期や距離、ペット、楽器など、自分が引越しする条件を提示し、場合、引越し料金がいくらになるのか知っておかないと、あとあと予想外の高額を請求されたりもするので、絶対に見積もりはとるようにしましょう。

なお、ペットの引越しについては、人間だけの引越しよりも手間がかかるので、さらに連休の引越しが多くなります。
もし自家用車を持っていない場合は、引越しのトラックとは別にレンタカーなどを借りてペットを移動させる必要もあるかと思いますが、春の連休は当然レンタカーも混みあいますよね。

そういったことも含めて、4月の引越しは早目早目の準備を心がけましょう。

ちなみに、4月・5月の引越しの「オトク」なところは、中古品が安く大量に出回っているところ。
3月末で引越しを終えた人が多いということは、4月は家具・家電、洋服などの中古品でも良質のものがたくさん残っているということです。
新品にこだわらない人、引越しでお金を使ってしまい、趣味にお金をかける余裕が少なくなってしまった人にとっては、ちょっと嬉しい時期でもあります。

引越しは、平日と休日のどっち?