4月の新入社員

4月の引越し件数はまだ多いです。

特に第一週目は、3月中に引越しできなかった方が駆け込みで引越しをする場合もありますので、注意です。

新入学、就職の方は4月から始まる新生活に向けて、3月中に引越しをされる方が多いですが、なんらかの事情で3月中に引越しが完了しなかった方が、4月のできるだけ早い時期に引越しを行ないます。

ですから、4月中に引越しを計画している方は、中旬あたりが良いでしょう。

4月も終盤になってくると、ゴールデンウィークが始まって、引越し件数が多くなってきますので、このあたりも注意しましょう。

4月の引越しで注意すること

元気な新一年生!

4月の引越しで注意することは、色々な方が新生活が始まるということです。

特に4月から小学校に入学する新一年生は、まだまだ通学に慣れていないため危なっかしいところもあります。引越し元、あるいは引越し先が通学路に面している場合には、このあたりを注意しておきましょう。

あとは、特に自分で引越しをする場合、4月は春の交通安全運動が行なわれ、駐車禁止、一方通行などの進入禁止などの取り締まりが強化されます。

慣れない場所での慣れない車(レンタカーのトラックなど)を運転する場合は、特に注意しましょう。

このような状況ですので、4月に引越しをする場合は、引越し業者に依頼するのが無難だといえます。引越し料金を安くする方法は、こちらに記載してありますので、確認してみてください。

4月は引越しのベストシーズン!?

家族の引越し

最後に、3月、4月は比較的引越しに向いたシーズンであるといえます。

その理由は、引越しをする人が多いこともありますが、学校や職場など様々な環境で、区切りがついている(新生活が始まる前)からです。

特に学校生活では、学年や学校の切れ目となるため、子供を転校させなくてはならない場合には、3月や4月の引越しが子供にとって最も精神的な負担が少ないと考えることができるでしょう。

既に出来上がってしまった人間関係の中に入り込んでいくのは、恥ずかしがりやの日本人としてはなかなか苦労が多くなりますが、入学や就職など新しく出来上がっていく人間関係の中に加わっていくのは、そんなにストレスは大きくないはずです。むしろワクワクの方が大きいかも知れません。

そういうわけで、3月、4月は引越しに向いているシーズンと言われています。

3月の引越しは大変混むため、4月までずれ込む方が多いのも現状です。

どちらにしても、引越し件数が大変多くなり、引越し業者との値段交渉も大変難しい時期となっています。

ですから、引越しの一括見積もりサイトを使って、少しでも安い引越し業者を見つけましょう。

<<一括見積もりサイトはコチラ>>