11月が引越し予定の人は、大チャンスです!

なぜなら、

閑散期で引っ越し料金が

安くなる可能性大だからです!

11月は閑散期!

11月は引越しシーズン

引越し料金や相場は、時期によって変動します。
3月4月は繁忙期で最も高く、2月や11月は閑散期で安くなります。

引越しが趣味の方は別ですが、通常は
人が引越しをするとき、しなければいけない時には、それなりの理由が必要になります。

・学校(学年)の区切り(入学式、卒業式)
・就職、転職
・会社の期の区切り(年度末)による転勤

子供の学校の都合や、仕事や会社都合による引越しが思い浮かびますが、
この場合でも、できれば引越しや長期休暇にしたいもの。
春休み、夏休み、秋休み、冬休み、ゴールデンウィークなど)

11月の引越しを考えてみると、上記のどれにも該当しない中途半端な時期で、この時期に引越しのスケジュールを入れる人は少数派です。

ですから、引越し業者としても、この時期に依頼してくるお客さんは逃したくないので大切にしてくれるでしょう。

11月引越しのメリット

引越し業者

上記のように、11月の引越し見積もりはお得で、に引越しは引越し業者に大事にされる可能性大です。

たとえば、

・ベテラン作業員のみによる引越し(アルバイトなし)
・引越し料金やオプション料金の割引額が大きくなる
・事業所で一番きれいなトラックを使用

なんてことがあるかも知れません。

また、訪問見積もりに来る営業マンも親切に相談に乗ってくれるかも知れません。引越し経験が多い方よりも、引越し経験の少ない方の方が圧倒的に多いのが事実。この機会に、疑問に思っていたことは何でも聞いちゃいましょう。

逆に3月や4月など引越しの多い時期では、人材不足、トラック不足などがあり、十分なサービスが受けられない可能性が大きいです。11月に引越しをするというだけで、十分ラッキーではないでしょうか。

11月引越しのデメリット

古い不人気なアパート

11月は、引越し業者に作業依頼をすることを考えると、費用的にはベストな時期となりますが、注意すべき点もあります。

一人暮らしの学生さん向けのワンルームマンションや格安のアパートなど、空きが出やすいのは、卒業シーズンから入学シーズンの間までとなります。
駅から徒歩圏内の物件、新築物件、管理が行き届いた物件など人気のある物件は、残念ながら繁忙期には、ほとんどが入居済となっていて、11月になっても入居者が現れない物件は、何かしらの訳あり物件かも知れません。

ただ、この時期に引越しをする人がいないわけではありません。偶然、この時期にお気に入りの物件を見つけた方は、とてもラッキーですね!

11月の引越し見積もり

スマホで引越し見積もり

11月は引越し閑散期ですが、引越し予約が直前でもOKというわけではありません。

それは、引越し準備の都合もあるし、
引越業者が研修等の予定を入れてしまう可能性もあるからです。

忙しい時期にはなかなかできない研修を、社員だけでなく、アルバイトや派遣社員にも行うことができます。
昨今では引越しの品質が重視される傾向がありますので、この機会を利用して研修やトレーニングなどスタッフの人材育成に力を入れる業者もあるでしょう。

もう一つ大切なポイントは、閑散期であっても、親切丁寧で人気のある引越し業者は比較的早めに埋まってしまいます。

ですから、できるだけ早めに引越し業者の選定を行うべく、引越しの見積もり依頼から始めましょう。

また、11月は季節の変わり目、急に寒くなってくる時期でもあり、引越し元や引越し先の場所によっては、路面が凍結したり、積雪があったりする可能性もあります。
天気予報には十分注意して、洋服など、すぐに出して体温調整ができるようにしておきましょう。

11月の引越し料金を半額にする方法