訪問見積もり

引越しの見積もりをとるときに、一番最初はネットの一括見積もりなどを利用して、概算見積もりをとりますが、

訪問見積もりは依頼していますか?

ファミリー層の引越しの場合なら、荷物の量や種類、住宅環境などで様々な違いがでてきますが、ひとり暮らしの場合、ほとんど似たり寄ったりなので、訪問見積もりは必要ないですよ!

と言う人がいますが、本当に大丈夫でしょうか?

日通のワンルームパックや単身パックなど、パック料金の場合には、訪問見積もりを行わない場合もありますが、それで十分でしょうか?

概算見積もりと確定見積もり

見積もり

引越し業者に依頼する際には、引越しの見積もりをとって、引越し料金を決める必要があります。

電話、FAX、インターネットなどで見積もりをしてくれるのは、「概算見積もり」と言って、お客さんが提示した情報と、引越し会社の経験値から、だいたいこのくらいかな!? とった料金を決めてくれます。

しかしながら、概算見積もりは、あくまでも概算で、確定ではありません。

実際に引越し料金がいくらになるかは、「確定見積もり」をとってもらう必要があります。

確定見積もりをしてもらうためには、「訪問見積もり」をしてもらう必要があります。

引越し業者(営業担当など)に家に来てもらい、荷物の量や種類、エレベーターの有無や廊下の広さ、トラックが駐車できる場所の確認などを行います。

私たちは、引越し業者に運んで欲しい荷物(たいていは家の中にあるもの全部)と、スケジュール、引越し先の住所などを連絡して、確定見積もりを作成してもらいます。

訪問見積もりから、確定見積もりを作成するまで

引越しのトラック

確定見積もりを作成するためには、訪問見積もりが必要なことは上記に記したとおりですが、確定見積もりを作成するためには、何が必要なのでしょうか?

 ・トラックの種類と台数
 ・必要なスタッフの人数
 ・オプション作業の有無

引越し業者は、提示されたスケジュールで、必要なトラックの台数と、スタッフの人数を確保した場合の経費を元に、引越し見積もりを作成します。

確定見積もりの作成方法には、いろいろな方法があるかと思いますが、大体上記のような感じで、引越し作業にかかる経緯に利益を上乗せしています。

訪問見積もりを依頼するメリット

メリットを説明

訪問見積もりを依頼する一番のメリットは、見積もり金額が確定することです。荷物の量や種類などに関しても自己申告ではなく、引越し業者が自ら確認してくれるので、間違いがありません。

引越しトラブルとして、軒数が多いのが「追加料金を請求された」というのがありますが、訪問見積もりの際に、きちんと確認しておけば、このようなトラブルを最小限に抑えることができます。

そして、私的にはこれが一番大きいと思うのですが、値段交渉がしやすい! ということがあります。

上記に書いたとおり、引越し業者は経費を計算しています。これはつまり、どこまでなら値引きできるかを計算しているということになります。

ネットや電話による自己申告だけでは、申告漏れを考慮して、ある程度の余裕を持たせておく場合が多く、これが料金に跳ね返ってきますが、訪問見積もりをしてもらえば、この余裕分も割引してもらえる可能性が高まります。

さらに、訪問見積もりに来る業者は、契約をとりたい! という気持ちがあるので、そのために値引きに応じてくれやすくなりますし、無料ダンボールや、オプションサービスなどを追加してくれる場合も多くなります。

訪問見積もりを依頼するにあたって

不用品処分

訪問サービスを依頼するにあたっては、まずは不要品を処分して、荷物をできるだけ少なくしておきましょう。整理整頓をしておくことで、必要以上に荷物を多く見せてしまう心配もなくなるでしょう。

そして、特に女性のひとり暮らしの方などは、訪問見積もりといえども、見知らぬ男性を家に上げることに不安があるかも知れません。

もし可能ならば、友人や親兄弟などに同席してもらうのが良いでしょう。

そして、もっと大事なことが訪問見積もりを依頼する業者の選定です。まずは、一括見積もりサイトを利用して、信頼できて、ある程度引越し料金の安い業者を絞り込みましょう。

<<一括見積もりサイトはコチラ>>