085751ついこのあいだ10月にアパートの更新をしたばかりですが、きっと2年なんてあっという間に経ってしまうので、次こそは更新しないよう今から猫と一緒に引っ越しの準備を少しずつ進めることにしました。

普通そういうのって新年の抱負として行うのかもしれませんが、ちょっと早めに(笑)

個人的には、今までなかなか引っ越しできなかった最大の理由がお金。お金の問題さえ解決できればきっと猫を飼い始めた直後に引っ越したでしょうし、その後、就職などのタイミングなどでも引っ越しを決意したはずです。

ちなみに私の友人たちも卒業や就職を機に引っ越した人は多いですが、新卒で引っ越しのお金など賄えるはずもなくみんなご両親に多少は出していただいたと言っていました。

それはさておき、引っ越しにあたって最もお金がかかるのは当然ながら敷金、礼金、保証金などです。新居の家賃にもよりますが、私が今のアパートに引っ越してきたときは敷金1ヵ月分、礼金1ヵ月分、そのほか最初の3ヵ月分の家賃や火災保険料などをあわせれば30〜40万円はかかったはずです。

当然大学生にそんなお金があるわけもなく、親に出してもらいました。子どもを大学に行かせるって、お金のかかることですね…。

今引っ越すとなれば、当然、より都心に近くペット同居可能の住宅にしなければいけないので家賃はもっと上がります。仮に8万円だとすると、敷金礼金が各1ヵ月分だとそれだけで16万円。初月と翌月の家賃も含めれば32万円です。

引っ越し料金は、引っ越しオフシーズンに格安の業者を探せば5万円以下でできるはず。
家具も買い替えるだろうし、もしかしたら今の部屋の修繕費用なども必要かと思うと、ざっと見積もって50万円は用意しておかないと、余裕をもった引っ越しができません。

当然、貯金していくなかで引っ越し費用として50万円をチマチマ貯める必要があるってことです。あと2年弱で貯金とは別に50万円となると、なかなかハードル高い気がします。

みんなけっこう気軽に引っ越ししているように見えて、実はこんな多額のお金をポンと払えるなんて羨ましいというか尊敬するというか…。

なので、まずは50万円の引っ越し資金を貯めるところから私の引っ越し計画はスタート。
それと平行して断捨離です。断捨離の基本は不要品を捨てることですが、もっとシンプルに1日1つ何かを捨てるだけでもずいぶん部屋がキレイになり、1ヵ月もすればかなり部屋がすっきりすると聞きました。

これもまずはやってみます。そしたら猫たちが走り回れるスペースも増えるかもしれませんしね!千里の道も一歩からということで…。