ひとり暮らし用ワンルームマンション

ひとり暮らしの引越し
成功のコツは何でしょうか?

■引越し見積もりを安くしたい?
■簡単に引越しをしたい?
■親切な業者にお願いしたい?

などなど、引越し見積もり料金をおさえつつつ、ひとり暮らしの引越しを成功させるコツはこちらです。

ひとり暮らしの引越し

ひとり暮らしの引越し準備

一人暮らし成功のコツは、

■引越しスケジュール
■引越し業者、プラン(サービス内容)の選定

です。

家族の引越しであれば、自分が忙しくてできないときでも、家族の助けを借りたり、協力したりしながら、引越し作業を進めることができますが、

一人暮らしでは、基本的に一人で全部やらなくちゃいけません。

ですから、まずは、引越しのプラン(スケジュール)を立てて、

■引越し日時
■引越し準備の進め方
■引越し手続きの進め方

を確認しながら、引越し準備を始めましょう。

そして、大切なのが、引越し業者と引越しプランを選定することです。
具体的には、引越し料金の見積もりをしながら、引越し業者と引越しプランを絞り込んでいきます。

どうやって引越す?

単身引越しの準備(男性編)

一人暮らしの引越し方法は、いくつか種類があります。

■引越し業者に依頼する
■赤帽などの運送会社に依頼する
■宅急便で送る
■自分で引越しをする

下に行くほど、引越し料金は安くなりますが、その分自分自身の手間も増えます。

どの引越し方法を選ぶかは、荷物の量と、引越しにかけられる労力と時間で決めましょう。

ちなみに、大型家具や大型家電がない(引越し後に購入予定)ならは、宅急便や自分で引越しをする方法もアリかと思いますが、荷物が増えてくると、現実的でなくなってきます。

赤帽は安く引越しできる方法として人気を集めていますが、運送がメインで、引越し業務はどちらかといえばオプション的なものです。荷物の量も比較的少なく、自分でどんどん準備を進められる人向き。

ひとり暮らしの引っ越し準備(女性編)

最後は引越し業者に依頼する方法ですが、やっぱりというか、引越しをするのですから、引越し業者に依頼するのは、王道であることは間違いないでしょう。

心配なのは、引越し業者に支払う引越し費用ですが、一人暮らしの場合には、普通の引越しプラン以外にも、日通のえころじこんぽのように一人暮らし向きの引越しプランもありますので、荷物の量や、スケジュールと相談して、見積もりをとりながら、自分にあったものを選びましょう。

引越し業者で引越しをする最大のメリットは、引越しに関して、色々と相談できることです。

一人暮らしの方は、初めての引越しや、まだ引越しの経験回数が少なく、引越しそのものに慣れてなくて、何をしたら良いのか分からない方も多いと思います。

そんな方のために、引越し関係の作業や手続きをまとめた資料や小冊子をくれることもあり、これがとても便利です。

また、訪問見積もりの際にも、見積もり作業以外にも、引越しについて分からないことを質問することが出来ます。引越しについて、自身がない方は、引越し業者に見積もりをとるところから始めましょう。

引越し一括見積もりサイトで、引越し料金を最大50%安くする方法

一人暮らしの引越し料金を安くする方法

引越し見積もりは、一括サイトでOK!

一人暮らしの引越しでは、引越し業者を使うのが王道と書きましたが、

引越し業者や赤帽の引越しを安くする裏技があります。

中には引越し料金が無料になる!引越し業者もありますので、要チェックです。

こちらでは、引越し業者はもちろん、赤帽や、引越し単身パックなどのひとり暮らし専用の引越しプランも全部まとめて見積もりをとることができます。

引越しが決まったけど、何をしたら良いか分からない方は、まずはここから始めましょう。

一人暮らしの引越し料金を安くする裏技

一人暮らしの引越し料金を安くする方法(その2)

パソコンとインターネット

引越し料金が確定したら、あとは引越し料金以外で、お得に引越しできる方法を探します。

インターネットプロバイダーを変更する
■リサイクルショップを活用する
■クレジットカードを作成する

一番簡単なのが、インターネットのサービスプロバイダーを変更することです。今使っているのが、フレッツ光なら、ドコモ光、auひかり、ソフトバンク光などの光コラボにしてみるとか、ビッグローブやWiMAXも選択肢に入ります。

プロバイダーを変更すると、キャッシュバックで数万円が手に入ることもあります。

あと、いらなくなった家具、家電、本、などはリサイクルショップに売れるか、まずは確認しましょう。少しでもお金になればラッキーです。

最後にこれは裏技なのですが、クレジットカードの新規作成です。

クレジットカードを作成すると、キャッシュバックや商品券などのプレゼントがあることもメリットなのですが、クレジットカードの作成には審査があって、年収、勤務年数と並んで、居住年数も考慮されます。

ですから、クレジットカードの作成は、引越し前に行っておきましょう。

引越し関連の手続き

役所で転居手続き

引越しとなると、梱包や運送ばかりが気になってしまいますが、
実はそれ以外にもやるべきことは多いです。

たとえば

■役所関連(転出・転入届け)
■印鑑登録
■免許書
■ライフライン(電気、ガス、水道)
■通信(電話、携帯電話、インターネットプロバイダー)
■お金まわり(銀行、クレジットカード)
■郵便局
■会社への連絡
■その他(レンタルビデオや、行き着けのお店、会員制のジムなど)

などなど、多くの場面で住所変更をしてもらう必要があります。

引越し前に、引越し後すぐ、引越し後使用する際に、など順番や優先順位は色々とありますが、覚えておきたいことは、引越し関連の手続きは結構多く、会社を休まなきゃいけない場合もあることです。

最初にそろえたい家電製品

新生活に向けて、家電製品の購入

引越しをして、特に初めて一人暮らしをする方にとって、結構忘れがちな
最初に用意しておきたい家具・家電等をリストアップしておきます。

まずは、家電関係です。

■照明器具
■冷蔵庫
■洗濯機
■炊飯器
■電子レンジ
■テレビ
■パソコン

結構忘れがちなのが照明器具です。賃貸住宅によっては、照明付の場合もありますが、部屋の数だけ必要になります。
引越し先で、照明器具がない!? とならないために

ホームセンターなどに行けば、数千円からと安く購入できますが、長い時間をすごすリビングルームなどは、照明器具もちょっといいものを選んでおくと居心地が良くなるでしょう。

そして、新居で生活する以上、食材を保存する冷蔵庫、調理に必要な炊飯器電子レンジ一人暮らしの必需品です。

冷蔵庫は1ドアのタイプもありますが、氷が作れなかったり、冷凍食品の保存に向かなかったりするので、最低でも2ドアのタイプにしましょう。
冷蔵庫の引越し準備と注意点!冷凍食品処分→電源OFF→霜取り→クーラーボックスへ

炊飯器電子レンジは個人の好みによりますが、ちょっと良いものを購入すると、その分ご飯が美味しく炊けたり、電子レンジで色々な料理ができたりします。自炊を考えている方は、ちょっと奮発してもいいかも!?

洗濯機もいまや必需品です。近所にコインランドリーがあったとしても、不特定多数の人が使用するコインランドリーでは清潔感や、セキュリティーの面で不安が残ります。
また、コインランドリーの行き来や待ち時間など、結構な時間が無駄になってしまいますが、自宅に洗濯機があれば、いつでも洗濯できて、洗濯しながら別のこともできます。
洗濯機の引っ越し準備~給水ホースと排水ホースの水抜き方法と水漏れしない運搬方法

もしお金に余裕があるなら、ドラム式や乾燥機付の洗濯機を購入すると便利です。

家電製品は生活を豊かにしてくれますが、忙しくて買いに行く時間もない方は、家電レンタルを利用しても良いでしょう。

また、まとめて家具を購入する場合には、予め見積もりをとって、送料なども含めて一番安く購入できるところ探しておくと良いでしょう。

最初にそろえたい家具

一人暮らしで、最初にそろえたい家具は?

念願の一人暮らし!

とテンションが上がったものの、部屋の中は、ガラ~ン
快適なはずが、なぜか不便。。。

なんてことにならないように、最初にそろえるべき家具の一覧です。

■カーテン
■クローゼット、たんす(最低限衣装ケース)
■テーブル、ちゃぶ台
■寝具(ベッド、布団、枕など)
■机と椅子
■下駄箱
■トイレ用品(スリッパ、マット、掃除用具、トイレットペーパーなど)

引越しをしたら、というか、できれば引越しをする前に揃えておきたいのが、カーテンです。

昼間のうちはまだ良いのですが、夜になって、外が暗くなって、室内は照明をつけるようになって、初めて気がつくのです。

外から丸見えじゃん!

ですから、カーテンは一番最初に必要です。
窓の大きさは、住むところによって微妙に違ってくるので、オーダーカーテンがベストですが、経済的に厳しいようなら、ホームセンターなどで探してみましょう。
引越しのとき、新居で一番最初に必要になるのは「カーテン」です!
(オーダーカーテンは、とりあえず見積もりをとって、料金的に厳しいようでしたら、リビングや寝室だけオーダーカーテンで、あとは既製品のカーテンにする方法もあります)

引越し後は、一番最初にカーテンをそろえましょう!

次に必要になってくるのが、衣食住に関わってくるところ。

まずは、「」に関してです。
洋服はしわになりやすく、外に出しておくと誇りをかぶってしまうので、クローゼットやたんすは早めに揃えましょう。

」に関しては、キッチン用品(鍋、端、お皿、グラス)もありますが、食卓となるテーブルやちゃぶ台は必要です。食事はお弁当でも何とかなりますが、床で食べるのは行儀が悪いのはもちろん、食べにくいです。

」に関しては、大きく見ると新居なのですが、その中でも大切なのが寝具です。
ベッドでも布団でも良いのですが、寝具は必ず必要です。
ベッドの引っ越し方法と注意点~運搬料金、解体、組み立てなど~

引越しをすると、環境が変わります。環境が変わるといいこともたくさんあるのですが、最初のうちは緊張しているので、ぐっすりと質の良い睡眠を取れるように気をつけましょう。

机、椅子は、新しい世界で、新しい生活を送る上で、勉強をしたり、本を読んだり、書き物をしたり色々と学ぶことがあると思います。

玄関が散らかっていると、友人やお客さんが来たときにちょっと引いてしまうかも!?下駄箱を使って履物を整理しましょう。

そして最後に忘れがちなのが、トイレ用品です。引越しをしたその日から、必ず使うトイレですが、トイレ用品はそろえてありますか?トイレに行きたくなったときに、スリッパがなかったり、トイレットペーパーがなかったりすると、結構悲惨ですよ。

じっくり考えて揃える

憧れの一人暮らし

最初に揃えたい家具や家電は上記のとおりですが、

逆に、じっくりと考えながら揃えたいものもあります。

一人暮らしをしたら、こんな家具が欲しい!こんな生活がしたい!
をイメージすると出てくるようなものですが、

こちらは引越しをしてすぐに必要になるものではありませんので、

多少時間がかかっても、お気に入りのものを揃えましょう!

たとえば

■ソファ
■フロアライト、間接照明
■おしゃれな棚、本棚
■AV製品(テレビ、ビデオ(HDD/ブルーレイレコーダー)、オーディオ、ホームシアター)
■絵画、写真などアート作品

などです。

ソファがないと、なんとなく寂しい空間にはなりますが、色々な店を回って、色々と座ってみて、じっくり選んだほうがいいかも知れません。

他のものも一緒で、部屋にあった家具や家電など、自分のお気に入りを揃えていきましょう。

引越し当日にやること

新居にて

引越し当日は、引越し業者が来たり、荷物の片付けをしたり、何かと忙しいのですが、これだけはやっておきたいは、これです。

■家全体の掃除
■傷防止の敷物を敷く
■ガス開栓、立会い
■水道、電気の確認
■携帯電話、インターネット接続状況の確認

まず最初は、家全体の掃除です。賃貸の場合、ハウスクリーニングを行っている場合が多いですが、それでも、数日経過すると、なぜか塵や埃が出てくるものです。

また、まだ物が少ない引越し直後で、たんすなど大型家具があると掃除ができない場所もあり、一番掃除がやりやすいタイミングでしょう。
また、アースレッドなどゴキブリや害虫退治もやっておくと安心です。

掃除が終わったら、床など傷をつきにくくするため、マットやカーペット、絨毯などを敷きましょう。

続いてライフラインの確認です。水道、電気は、水道局や電力会社に引越し日の連絡をしておけば、当日までに使えるようにしておいてくれますが、ガスだけは立会いが必要です。インスタントラーメンが食べれない!となる前に、ガスの開栓をしてもらいましょう。

これは現代人にとって、ライフラインといっても良いかも知れません。携帯電話の電波状況の確認、インターネットの接続状況の確認もわすれずに!

すぐに使うものを用意(買い物)

引越しが一段落したら、日用品の買い物を済ませましょう

引越し当日から必要になるものの買出しをしておきましょう。必ず必要になるものですので、あらかじめ購入しても良いですね。

■トイレットペーパー、ティッシュペーパー
■洗剤類(台所用、お風呂用、トイレ用、生活一般用)
■消臭剤、芳香剤、除湿剤、お香など
■殺虫剤、防虫剤、蚊取り線香、アースレッドなど
■延長コード
■ゴミ袋、ビニール紐、ガムテープ
■最低限の身だしなみを整えるもの(歯磨き、シャンプー、石鹸、タオルなど)

忘れがちですが、どれも必要なものです。
特に、初めて一人暮らしをする人は、忘れずに揃えておきましょう。

新居は築年数が古ければもちろん、新築でも掃除は必要です。洗剤類は必ず準備して置きましょう。

嗅覚はとても大事で、直接脳に情報が届くそうです。もし、部屋の匂いが不快なら、仕事や学校から家に帰ってきたときに気分が悪くなってしまいます。

匂いに関して、少しでも不快に感じたら、早めに消臭剤を使って匂いを浄化しておきましょう。

入居後、できるだけ早くやること

引越しが一段落ついたら、大家さんにも挨拶に行きましょう

上記以外にも、入居後にできるだけ早くやることがあります。

■大家さん、ご近所への挨拶
■転入届け
■ダンボールなど梱包資材の処分

引越しをしたら、できるだけ早くに、大家さんや隣近所(マンションアパートだったら上下階の方々)に挨拶をしましょう。ただし、女性の一人暮らしの場合には、セキュリティー上の問題もありますから、大家さんに相談するなど状況を見て判断しましょう。

転入届けは、役所に行く必要がありますので、仕事や学校の状況を確認してできるだけ早めに。

引越しに使ったダンボール箱など梱包資材の片付けはできるだけ早めに。不要になった段ボール箱を引き取ってくれる引越し業者もありますが、そうでない場合には、自治体のゴミ処理に出す必要があります。

ダンボールを出せる日が決まっていたり、量が多いと有料になったりすることもありますので、早めに確認しておきましょう。

家電製品、家具を安く揃えるには

家電製品

引越しの時は、何かとお金がかかるもの。
こんなときにに役立つ、家電製品、家具を安く揃えるコツがあります。

■友人、知人、先輩から譲ってもらう
■リサイクルショップで購入する
■家電ショップで値段交渉する
■ネットオークション(ヤフー、楽天市場など)を使う
■物々交換する
■自治体主催の競売を活用する

一番安上がりなのが、友人、知人から譲ってもらうことです。現代は物あまりの世の中なので、探してみると、使えるけれども、使っていないものが結構あるものです。

それでもダなら、次は近所のリサイクルショップに行ってみましょう。

大型の家具は結構揃うと思います。家電については、メーカーの保障が切れているので、リサイクル店での保障があるならOKですが、そうでなければ無理して買う必要はないでしょう。

家電製品については、ヨドバシカメラやビックカメラなどの量販店で購入する際に値段交渉する方法もあります。その際、ちょっと古めの型を選んだり、まとめて購入するなどして、値段交渉を行うと、価格を負けてくれる可能性があります。

もし、買いたいものが決まっていれば、楽天市場などのネット通販で購入するのが一番安く購入できると思いますが、送料がかかるのと、届くまでの日数を要するのが難点です。

オークション、物々交換、自治体の競売、バザーなどは、出品や開催時期のタイミングがあるので、すぐに手に入るわけではありませんが、もし見つけられればかなり安くゲットできるでしょう!

一人暮らしの引越しを分類

一人暮らしの引越し

ひとり暮らしの方の引越しを分類すると、以下のようになります。

■学生の方で始めての引越し(実家から下宿へ)
■学生の引越し
■新社会人の引越し(実家からひとり暮らしへ)
■社会人の引越し
■その他

また、荷物の多さで分類すると、以下のようになります。

■荷物が少ない(実家からひとり暮らし)
■荷物が少なめ(1LDK等で一人暮らし)
■荷物が多い(2DK以上で一人暮らし)

一言で一人暮らしといっても、様々な引越しスタイルがありますから、
上記をご参考にして、ご自分にあった引越し方法を選びましょう!

ひとり暮らしの引越し最安値を確認する