赤帽の引越し(軽トラック)

安く引越ししたければ、赤帽がいいよ!

友達や会社の上司に聞くと、このような答えが返ってくることが多いです。

赤帽の引越し料金(運賃料金)を調べると

<引越し運賃料金>
13,500円
作業時間2時間以内・走行距離20Km以内の場合
1台1行程・ドライバー1名、土曜・日曜・祝祭日は2割増
(東京都の場合、2017年4月 赤帽ホームページ調べ)

しかし

赤帽って何だかご存知ですか?
赤帽が一番安いですか?
赤帽の引越しで十分ですか?

赤帽引越しのメリット、デメリット、そしてどんな人が赤帽の引越しに向いているのか?

そして、赤帽の引越し見積もりで、気持ちよく引越しをする方法について書いていきます。

赤帽の引越しって?

赤帽の引越し

赤帽は、個人事業主ので構成共同組合組織であって、赤帽株式会社なるものがあるわけではありません。

一人ひとりが自営業者でオーナーです。
(標準貨物軽自動車運送約款による)

別のいい方をすると、同じ赤帽であっても、オーナー(組合員)によって、サービス内容や運送料金や配送料金が変わってくるということです。

もちろん、赤帽としてのある程度の基準があったり、事前に見積もりを提示してくれたりはしますが、

引越しをする時は、赤帽株式会社のようにひとくくりではなく、赤帽の担当者(オーナー)に見積もり依頼を出して、その中から料金やサービス内容に納得できる業者に依頼することになります。

また、赤帽は引越し業者である以前に貨物運送業者なので、引越し以外にも運送業務を行っています。

・宅急便や佐川急便には、多すぎる(又は大きすぎる)荷物
・乗用車やタクシーでは運べない荷物
・病院から退院するときなど、荷物が多いとき
・老人ホームへの入居など、荷物がかさばるとき
 (そうは言っても、引越しほどではない)

などなど、緊急輸送、定期配達、路線便で送れない大きな荷物の配送、法人のお客様から承った宅配業務を含めて依頼することが出来ます。

引越し費用を抑えたい方に

引越し費用を抑えたい方に

■料金が格安
■全国対応
■時間制

引越し費用を抑えたいけど、自分でレンタカーを運転するのは避けたい。
そんな方に人気があるのが、赤帽の引越しです。

赤帽の引越しとは、軽トラの引越しサービスで、時間単位で、荷持つを運んでくれます。
運んでくれる荷持つの量も、赤帽の軽トラに入る分は運んでくれるので、かなりお得です。
軽トラと言っても、結構入りますからね。

もし1台で足りなければ、2台依頼することもできます。
赤帽の最大の特徴は、1台1台が別々の個人事業主ということです。
ですから、引越し時にどんな作業を依頼するのか?引越し料金はいくらにするのか?などはそれぞれの赤帽さんで異なります。

ただし、基本的に赤帽は運送業者なので、運搬はしてくれても、引越し業務そのものは請け負ってくれない場合もありますので、
予め確認しておきましょう。

引越し業者とは違う!?

ごめんなさい・・・難しいです

■荷持つの梱包や開封
■エアコンの取り付け、取り外し
■不用品処分
■ハウスクリーニング
などは難しいかも知れません。

あと、赤帽のトラックまでは、自分の部屋から荷持つを運び出さなければいけないかも知れません。
この辺り、は女性の一人暮らしだと大変だと思うので、手伝ってくれる友人がいるかなども含めて確認しておくことが大切だと思います。

赤帽の最大のメリットは、引越し料金が安い!
ということですが、できる作業とできない作業がはっきりとしているので、
この辺りが納得できれば問題ないでしょう。

荷物が少なければ、赤帽の引越し

赤帽の軽トラ

単身者(単身赴任)や学生の引越しにとても向いています。
赤帽車は意外と多くの荷物を詰めるので 家財道具がひと通りそろっている方も大丈夫ですよ。

<軽トラのサイズ>
横幅1.4m×長さ1.9m×高さ2m

<積み込める荷物(参考)>
冷蔵庫、PCラック、メタルラック、洗濯機、チェスト、カラーボックス、ヒーター、テレビ、テーブル、ベッド、自転車、テレビ台、コンポ、イス、衣装ケース4箱、ダンボール15箱

引越しが格安にできるとして有名なのは、赤帽の引越しプランや、クロネコヤマトの引越し単身パックですね。

赤帽なら軽貨物自動車で運べる分、クロネコヤマトの単身パックと比べて(押入れ2段分くらいの荷物などと荷物の量は制限されてしまいます)格安で引越しができるのが最大の魅力です!

格安や激安!といった感じでとにかく安く引越しをしたい場合には、荷物の梱包や開封など自分でもできる作業は可能な限り自分でやることがポイントです。

そして、どうしても自分ではできない部分だけ、引越し業者にお願いする。

そうかと言って、レンタカーのトラックやバンを借りて、自分で引越しをしてしまう方法もありますが、やってみるとわかりますが、引越しはかなりの重労働です。体力、精神力、引越しにかけられる時間、そして手伝ってくれる友人がいる場合はチャレンジしてもいいかも知れません。ただし長距離の引越しではまず無理でしょうね。

クロネコヤマトの単身パックでは、宅急便の荷物が多いバージョンのような感じで、指定した日時に荷物を受け取りにきてもらい、引越し先で荷物をもらうといった感じです。制限なら家具なども運んでくれると思いますが、詳しくは確認したほうがいいですね。

というわけで、単身赴任や学生さん、一人暮らしの引越しなど大型家具が少ない方にはオススメです。

【一括見積もり】赤帽の引越し見積もり

赤帽引越しのメリット

ここがメリット!

それでは、赤帽で引越しをするメリットについてみていきます。

・引越し料金が安い
・柔軟も対応してもらえる(個人事業主なので)
・軽トラックで対応

赤帽の一番のメリットは、引越し費用を安く抑えられる! ということでしょう。引越し関係の口コミサイトやQ&Aサイト、質問サイトを見てみても、引越し料金を安くしたかったので、赤帽で引越しをした、という意見が多いです。

とにかく、引越し料金を安くしたい! 

という一人暮らしや、単身者の引越しでのメリット大です!

赤帽の料金体系は、走行距離(移動距離)による「距離制引越し運賃」と拘束時間による「時間制引越運賃」があります。

特に、近距離の引越しの場合、2時間とか3時間で依頼することによって、引越し元と引越し先を何往復もしてくれる(ピストン輸送)ことで、格安の引越し料金を実現してくれます。

また、赤帽は社員やアルバイトではなく、一人ひとりが個人事業主です。ですから、仕事に対する責任感も強く、ユーザーであるこちらの要望にも柔軟に対応してくれる場合(プラスαの仕事)が多いです。

これは、自分に当てはめて考えると分かりやすいかも知れません。社員やアルバイトとして仕事をする場合と、自分が社長になって仕事をする場合で、どちらが一生懸命にやって、仕事の質が高くなるか、イメージしてみると分かりやすいでしょう。

ベッドの組み立て、本棚の組み立て、パソコンやテレビの配線、重たい荷物の搬送、ペットの引越し、その他引越しに対する相談ごとなど、親身に対応してくれる赤帽の方も多いようです。

引越しの途中で不動遺産業者に寄って鍵を返却したり、実家やレンタル倉庫など荷物の届け先が複数ある場合などは、赤帽の引越しが便利です。

また、赤帽として貨物保険に入っているので安心して引越しを依頼できるのも魅力ですね。

最後に、赤帽は軽四トラックでの引越しとなります。これは一見デメリットのように見えますが、東京や大阪などの都会では、道が細く入り組んでいる場合が多くなります。

大手引越し業者の2トントラック、4トントラックでは入ってこられないような狭い道でも、赤帽は軽自動車なのでスイスイ入って来て、家の前に横付け(駐車)できます。すぐ目の前で、荷物の出し入れができるので、安心感が高まりますね。

軽自動車ではありますが、意外と荷物は入ると評判です。1台で足りない場合には、2台で依頼することも出来ます。作業員も2人必要な場合は、赤帽の軽トラ2台で依頼することが出来ます。

また、軽トラック1台(スタッフ1名)から依頼できるので、学生の引越しなど、ちょっとした引越しでは低料金を実現できます。

こちらの要望を聞いてくれる!?

自家用車やタクシーでは運べない荷物の配送もしてくれますから 
「机や布団だけ運んで欲しい」などの要望にも答えてくれます。

担当の方にもよりますが、引越し時間も早朝や夜間などの時間にも対応してくれるケースが多いです。
大手の引越し業者と違って、こちらの都合に合わせて柔軟に対応してくれるところが嬉しいですね。

赤帽引越の口コミや評判

お客さんに非常に近い親近感のある引越し屋です。
赤帽自体は組合のような構成になっているため 個人事業所が各所で営業しています。
そのため、営業所によって評判はまちまちですが、細かな要望に答えてくれるところが大変多いのも嬉しいところです。
単身者の引越しは得意なので 料金も安く良心的な赤帽さんのファンも多いです。
引越し料金は見積りをとってみてからどのくらい値引きが可能か問い合わせてみるといいと思います。
料金が希望に近ければ依頼しても良い優良業者です。

【一括見積もり】赤帽の引越し見積もり

赤帽引越しのデメリット

ここがデメリット!

料金が安く、柔軟で責任感ある対応といいことづくめの様に見えますが、どんなものにもデメリットはあります。赤帽で引越しするときのデメリットは以下のがあります。

・運べる荷物が少ない(軽トラックなので)
・基本作業は運搬のみ
・自分でも手伝う必要がある

赤帽の引越しでは、トラックは軽トラだけなので、積載量には限界があり、軽トラックに入らないような大型家具などは運ぶことが出来ません。

そして、赤帽の引越しは、サービス内容としては、基本的には運搬のみで、自分自身も引っ越し作業を手伝う必要があります。
(引越し作業員というより、トラックのドライバーの方が近いでしょう)

これは、自分でできることは自分でやるので、人件費を抑えてとにかく引越し料金を安く抑えたい! という人にはメリットになりますが、アート引越しセンターなど大手の引越し業者をイメージしている人には物足りなく感じるでしょう。

例えば、ダンボールの手配、梱包、引越し元からトラックまでの搬出、トラックから引越し先までの搬入、設置、荷物の開封、建物の養生、整理整頓、不用品処分、ご近所への挨拶や引越しの挨拶状などなど運搬以外の全ての作業を自分でやる必要がある、と考えておいたほうがいいでしょう。

もちろん、トラックと住居の運搬、大型貨物の梱包や養生、洗濯機の設置エアコンの取り外しと取り付けテレビやオーディオの配線などやってくれる場合もありますが、あくまでも赤帽のスタッフの方によります。

いい方を変えれば、赤帽はどんな人にあたるかによって、サービスや作業の丁寧さがものすごくいい場合もあるし、格安なんだから文句を言うな! 的な雰囲気を醸し出している人もいるかも知れません。

口コミサイトを見てみると

・荷物が破損していたけど、「壊れちゃった」で済ます人
・養生をしない、又は不十分な場合
・作業を手伝わされる(運搬以外の作業をしない)

など、残念ながら悪い口コミもありますが、これらは全て、「人による」ので、良い人に当たれば良いサービスが受けられるし、悪い人に当たれば最低限のサービスしか受けられないということになるでしょう。当たり外れが大きいということになるかも知れませんが、大手引越し業者のようなサービスを期待するのではなく、自分の引越しを手伝ってもらう感覚でいるのがいいかも知れません。

あと、荷物を破損したときの補償内容が大手の業者と比べて不明瞭な場合もあるので、予め確認しておくか、大切なものは自分できちんと養生しておく方がいいでしょう。

赤帽の引越しに向いている人は?

赤帽の引っ越しに向いている人

それでは、赤帽の引越しに向いている人、向いていない人について、まとめていきます。

赤帽に向いている人はこんな人です。

・学生、単身、ひとり暮らしなど小規模な引越し
・とにかく安くしたい(自分でも作業をする覚悟がある)
・最低限のサービス内容だけで十分

赤帽の引越しは、不要なものを全てそぎ落とした必要最低限のサービスと考えておきましょう。その分値段も最安値であることが多いです。

引越しは自分が主体で、赤帽さんに手伝ってもらう」くらいの感覚でいるほうがいいかも知れません。

また、単身引越しパックでは荷物が積みきれない人は、赤帽の引越しの方が向いているでしょう。引越しのアルバイトをしていた友人によると、一人暮らしでも1カートに積みきれるのは、三食まかないつきの下宿など、30人に一人くらいとのこと。他の方は、2カートに増やしたり、自分で荷物を運んだりするらしいです。

レンタカーを借りて、自分で引越ししようとしている方も、赤帽の引越しの方が安上りで、スムーズに引越しできるかも知れません。ガソリン代・駐車料金を含めた車代(レンタカー代)や場合によっては高速料金、さらに手伝ってもらった友人の食事代、ジュース代、お礼などを考えると結構な金額になりますし、引越し作業そのものもかなり大変になりますので。

赤帽の引越しに向いていない人は?

赤帽の引っ越しに向いていない人

反対に、赤帽の引越しに向いていない人はこんな人です。

・引越し業者に全てお任せしたい
ファミリーなど規模の大きな引越し
・オプションサービスなど、引越し周りのサービスも依頼したい

前にも書いたとおり、赤帽の引越しは必要最低限のサービスが基本です。ですから、アート引越センター、アリさんマークの引越社、サカイ引越センターなど大手引越し業者のようなサービスを期待する方は止めたほうがいいでしょう。

また、家族での引越についても、荷物が多く、とてもじゃないけど軽自動車では運びきれないので、向いていない場合が多いでしょう。

冷蔵庫、テレビ、洗濯機、電子レンジ、クローゼット、箪笥、食器棚、本棚、テーブルなどなど家の中には大きくて、厳重な養生が必要で、ひとりでは運べない荷物が増えてきます。このような場合も、向いていないと言わざるを得ません。

また、新築住宅や新築マンションに引越しをする場合、大手引越し業者のように養生を徹底してくれるわけではないので、止めておいたほうがいいかも知れません。

さらに、エアコンの取り付けや取り外し、不用品の処分、オーディオやテレビの配線、ダンボールや梱包材の手配、ハウスクリーニング、災害対策、女性スタッフの手配、ペットの引越し、ピアノの運搬、マイカー陸送やバイクの引越しなどなど引越し周りのサービスも依頼したい場合には、大手引越し業者の方がいいでしょう。

赤帽は個人事業主による運営なので、良くも、悪くも引越しを依頼する赤帽さん次第です。上記の内容は、赤帽のスタッフさんによっては対応してくれる場合もありますが、あくまでも個人のスキルによるところが大きいことを理解しておきましょう。

【結論】で、どうするのが一番いいの?

引っ越しの一括見積サイトでOK!

と言うわけで、赤帽の引越しについて、いろいろと検証してきましたが、

赤帽の引越し見積もりでトクをする方法は何でしょうか?

赤帽の引越しは、それぞれが個人事業主なので、複数の赤帽に見積もり依頼をして、比較検討して、その中で自分にあった赤帽を選ぶ、ことがポイントです。

でも、これって面倒ですよね!? 大変ですよね!?

こんなときに便利なのが、引越しの一括見積もりサイトです。

一括見積もりサイトでは、一回の操作で、近所の赤帽に見積もり依頼を出すことが出来ます。

そして、この引越しの見積もり依頼を出すとき、赤帽に限定する必要はありますか?

サービス内容に満足できて、引越し料金が妥当なら、他の引越し業者でもOKですよね。

一括見積もりサービスなら、近所の赤帽はもちろん、引越し業者も合わせて見積もり依頼が出来ますので、最終的に自分にピッタリの引越し業者を見つけることが出来ます。

【最大50%OFF】引越し一括見積もりサイト

体験談

それでは、実際に赤帽の引越しを使った人の感想を見てみましょう。
アート引越センターやサカイ引越センターなど大手の引越し業者との違いなど、参考にしてみてください。

引越は「荷物の運搬」だけなら赤帽も便利!

引っ越しダンボール

3月といえば、引っ越しシーズン真っ盛り!
これから新生活準備を始める人も多いのではないでしょうか?
この時期は、うちの近所のマンション前には、
大きな引っ越し業者のトラックがとまっていることが多いです。

私も昔、何度か引越しをしたことがあります。
とはいっても、結婚するときに実家の荷物を新居に移しただけですが。
家具家電は新しく買って新居に運び込んでもらったので、
実家から運んだ荷物は私が個人的に必要な服などだけでした。

最初は「これも一応引越しなんだから、引っ越し業者に頼もうかしら」
なんて世間知らずにもそう思い、見積もりをとりにきてもらったんですよね。
しかしあまりの荷物の少なさに、引越し業者の人も半分鼻で笑うような態度。

「ほなもういいわ!」と思って、赤帽に頼んだんですよ。
少ない荷物の運搬なので、小さな赤帽のトラックでも十分じゃないですか。

結果、引越し費用も安く、かつ日時なども融通をきかせてくれたので、
私は赤帽にして正解だったな~と思ったんです。

引越と言うと、「絶対に引っ越し業者にお願いするもの」と思い込んでいましたが、
決してそうではないんですよね。

自分たちの引越スタイルに合わせて、引っ越し業者でも赤帽でも、
極端な話、荷物が少なければ宅急便でもいいわけです。

なんでも思い込まずに、できるだけ安く、自分たちにとってベストな方法を探すのが、
楽にできる引越しの秘訣だと思います。

赤帽の引越しは意外に親切!?

親切な対応に喜ぶ

友人が引越しをするというので、手伝いに行きました。

引越し自体は、赤帽に依頼しているらしいのですが、赤帽のスタッフの方は基本的にトラックで待機していて運搬のみを対応してくださる。
私の役割はトラックまで荷物を運ぶ。新居では赤帽の軽トラから家の中まで荷物を運ぶということでした。

ベッド意外の大きな荷物が少なかったこともあり、引越し作業は意外にスムーズに進みました。赤帽の方もとても親切で、いつの間にか荷物の運搬も手伝ってくださいました。安かろう、悪かろうのイメージがあったのですが、実際にお願いすると、とても親切なのに驚きました。

あと、赤帽は軽トラなのに、荷物がたくさん入るんですね。しかも、荷台にいっぱいの荷物を積んでいても、良く走りますね。エンジンも改造しているのかな!? なんて思うくらいです。

普通の引越し業者と比べると、搬入、搬出、養生などの部分で自分でやらなければならないこともおおかったのっですが、もし、一人暮らしの引越しならこれでも十分なんじゃないかなあ、と思いました。私はしばらく引越しの予定はないですが、近場の引越しなら赤帽の引越しも考えておこうと思いました。

あと、箪笥とか食器棚とか、大きな家具は引越し後に購入したほうがいいですね。引越しの多い方は、据付の家具を活用して、引越しで移動する荷物は少なめにするのがポイントですね。

新築マンションで、赤帽の引越しはあり!?

新築マンション

新築マンションに引越しをする時、多くの方が幹事会社を選ぶと思いますが、赤帽の引越しサービスを使って引越しをするのはどうでしょうか?
参考)新築マンションへの一斉引越しと、幹事会社の役割とは?

引越し料金を安く抑えたかったら、引越し業者に頼まずに、自分でレンタカーを借りて引越しをする方法がありますが、赤帽の引越しは、引越し業者での引越しと、自分でレンタカーを借りて引越しをいする方法の丁度中間くらいにあたります。
参考)自分で車で、ベッドを引越しする方法
参考)レンタカーのトラックを使って、自分で引越しをすると

赤帽の引越しサービスは、引越しと言うよりも運送に近いです。赤帽の軽トラに荷物を運んだら、新居まで運んでくれる。新居では、軽トラから部屋までは自分で荷物を運ぶ。

この方法だと、引越し料金を安く抑えられるメリットがありますが、通路や部屋の中を養生したり、荷物を運んだりするのは自分でやらなければいけません。

新築マンションの場合、引越しシーズでは、エントランスやエレベーターの養生はしてある場合が多いですが、自分の家の中は自分で養生しなければいけません。ベッドや、箪笥、食器棚など大きな家具を運ぶとき、壁紙を破いたり、柱に傷を付けないように最新の注意を払わないといけませんが、引越し業者でも養生しているのに、素人がやるのは困難ですよね。

ですから、新築マンションへ引越しをする場合、赤帽よりも、普通の引越し業者に依頼した方がいいかも知れません。ただし、赤帽のスタッフの方によっては、養生などきちんとやってくれる場合もあるので、引越しの見積もりの時に作業内容と料金について確認しておきましょう。

【最大50%OFF】引越し一括見積もりサイト

将来は赤帽で引越し屋さん? 定年退職後の父親の就職先

初老の父親

うちの父親。

今64歳ですが、65歳までという条件で現在契約している会社もあと1年で辞めなければなりません。

次の仕事はどうするの?などという会話もしますが、やっぱり1日に数時間でも何かの仕事はしたいとのこと。

娘の私もインターネットなどを使って、なにかよい仕事はないかと時々見ておいてくれと言われています。

先日、父親と車に乗っていると赤帽のトラックを発見しました。

今、運送の仕事をしている父親が「ああいうのもあるんだよなあ」とポツリ。

そこはオフィス街のど真ん中だったので、赤帽のおじさんがビルからパソコンやダンボールなどをトラックに運びこんでいる途中でした。

そう言えば、私も会社で働いていたころ客先常駐が決まったら赤帽を手配してPCとか運んでもらっていたっけな~。

とにかく安いというイメージの赤帽ですが、今は引越しを赤帽で安く済ませる人も増えているみたいですね。

単身引っ越しや近距離への引越しで自分も手伝えるという条件が整っているのであれば、赤帽を利用するのはかなりおススメな方法だと思います。

父親に聞くまで知りませんでしたが、赤帽って個人事業主なんですね。

コンスタントに仕事が入るようであれば赤帽のお仕事をするのもいいかと思いますが、仕事がなかなかこないようなら車のガス代や維持費などで逆にコストがかかってしまいますものね。

【おまけ】赤帽の軽トラはここがすごい!

上記で書いたとおり、赤帽は軽トラックでありますが、単なる軽トラではありません。

運送業として、引越し業者として、最大限のアウトプットが出せる様に富士重工(株)で開発された特別仕様車(赤帽仕様車)なのです。噂では、赤帽仕様車が欲しいために、赤帽(全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会)に参加する方もいらっしゃるようです。

赤帽専用の軽トラック(サンバー)~パネルバン、トラック、バン

サンバーと呼ばれる赤帽の軽トラには、3種類あります。引越しでは、荷台が幌になっているトラックが活躍することが多いですが、これは大型荷物や大量の荷物を運ぶのに大活躍します。

他にもすごいのは左右のスライドドアやリヤゲートがついていて、密閉性に優れたパネルバンや、広くフラットな荷室と左右の大開口スライドドア、大型リヤゲートのついたバンのタイプがあります。

パネルバンは密閉性に優れていて、雨や埃から荷物をしっかりと守ってくれて、バンはトラックでは運び難い荷物を運ぶときに活躍してくれます。

赤帽専用のサンバー~パネルバン、トラック、バンの荷台(室)長と荷台(室)幅

赤帽トラックの荷台はフラットで意外と大きいです。結構大きな家具や家電でも積み込むことが出来ますので、とても便利ですね。

他にも、赤帽仕様車の特別チューンが盛りだくさんです。

赤帽専用4気筒EGIエンジン

軽自動車であっても、多くの荷物を運んでくれる赤帽のトラックは、エンジンも特別仕様です。

4気筒EGIエンジンは、マルチポイント・インジェクションの採用で、低燃費でありながら、走りやすさを実現しています。格安料金で荷物を運んでくれて、身軽にどこへでも言ってくれる赤帽はこのエンジンに支えられているんですね。

さらに、赤帽専用エンジンでは、Ptプラグ(白金プラグ)の採用、フリクションの低減により耐久性、信頼性、出力特性が向上しています。もちろん燃費性能も向上。

パッド摩耗警報付 フロントベンチレーテッドディスクブレーキ

重たい荷物をたくさん積んで運転する時、加速よりも重要なのが減速です。安全に止まれなければ、安心して荷物の運搬ができないですからね。

フロントベンチレーテッドディスクブレーキを採用しているため、長い下り坂でもブレーキが過熱しにくくなっています。これにより貨物積載時や高速走行時でも安定して運転することが出来ます。もちろん、メンテナンス性も高く、警報機能でパッドの磨耗を知らせてくれます。

収納式ハンドブレーキレバー

ハンドブレーキ(サイドブレーキ)を上げると、どうしても荷物にぶつかってしまい、荷物を運ぶときに邪魔になってしまいがちですが、これを解消してくれます。

ハンドブレーキをかけたままレバーを下げることができるので、運転席や助手席の間がフラットになり、荷物の運搬や仮眠時などに便利です。

2段階開度リヤゲート(パネルバン)

パネルバンでは、リヤゲートの角度を2段階設定できます。通常は90度で荷物の積み下ろしをして、フォークリフトを使用するときは、130度と大きく開くことができます。アシストラップがついているので、開閉がやりやすいです。

電源用ハーネス

電源用のハーネスがインパネの下に用意されているので、車載機器接続(無線機など)に便利です。

高照度ルームランプ(トラック・パネルバン)

大型のルームランプ(13W)がついているので、引越しの時など慣れない場所で地図などを広げるときも見やすいです。

専用デザイン、強化レザー表皮の専用シート

運送業者のトラック、特にシートがボロボロだと、この業者大丈夫かな!? と思うときがありますが、赤帽の軽トラは耐久性を向上した強化レザー表皮の専用シートを採用しています。

ピストン輸送など乗降回数が多い運送業者の方には嬉しい仕様ですね。

オーバーヘッドシェルフ(強化タイプ)

頭上に収納があるため、地図や伝票などをしまっておくことが出来ます。

電波式リモコンロック

引っ越し作業中は、荷物の積み下ろしなどによって、車を離れる機会が多くなりますが、こういうときに面倒なのが車の鍵ですが、キー一体型の電波式リモコンロックなので、荷物を持ったままでもドアの開け閉めがカンタンにできます。ロック時はハザードランプ&オフディレイルームランプ連動が連動して知らせてくれます。

エアダム一体フロントカラードバンパー

高速走行時も安定性を向上させるため、フロントバンパーにエアダム形状を取り入れています。

複合曲面ミラー、広角ミラー

赤帽は軽自動車でありますが、トラックであるため、死角も多くなってしまいがちです。しかし、ミラーを改良することにより、死角を最小限にする工夫がされています。

助手席側は複合曲面ミラーをノーズ部へ装着し、運転席側には広角タイプのミラーにより、死角を小さくし、後方視認性も高めています。

デジタルツイントリップメーター

引越し時など距離測定に便利なデジタルツイントリップメーターを採用しています。また、伊具ニッションON時には、スイープ機能がついていつので、メーターが故障していないか確認できます。

アームレスト一体ドアポケット(運転席側)

意外と便利なのが、大きなドアポケットです。B4サイドの地図も入るので、引越しなど初めての場所に行くときも便利です。