マンションのバルコニー(ベランダ)

マンションに引越しをする時、必ずチェックするのがベランダ、つまりバルコニーだと思いますが、

マンションのベランダは、専有部分なのか、共有部分なのかご存知ですか?

結論から言うと、共有部分を借用している形になります。

ですから、マンション関係で月々に支払う費用の内訳を見ると、ベランダ使用料が記載されていると思います。請求書や明細書の中には、管理費、修繕積立費、ベランダ使用料、駐車場使用料、駐輪場使用料などと一緒にベランダ使用料が記載際れていいると思います。

そうはいっても、ベランダに自分たち以外の他の人が入ってくることはありません。非常時意外には。

ということで、ベランダは自由に使うことが出来ますが、非常時には大切な避難通路となりますので、あまり物を置きすぎないようにしましょう。

その際、避難通路や非常口は絶対に塞いではいけません。

非常口・避難梯子

最近では、プランターで野菜の自家栽培をしたり、スタッドレスタイヤやスキースノーボード用具、そり、トレーニング機材などを置いている人がいますが、避難通路や避難梯子はふさいでいませんか?

いざというとき、自分だけでなく、隣近所の方の命もかかっていますので、ベランダの荷物は定期的に見直しておきましょう。

あと、ベランダに洗濯物や布団を干すとき、あまりだらしなく干さないようにしましょう。賃貸だとあまりうるさく言われることはないかも知れませんが、分譲の高級マンションだったりすると、美観を損ねるといった理由から、洗濯物の干し方などについても厳しいルールが存在する場合がありますので。

以上、ベランダについてでしたが、いかがだったでしょうか?
私は、賃貸マンションであっても、分譲であっても、引っ越し先の優先順位として、ベランダの広さや使い勝手があります。最近では、エアコンの室外機やオール電化のエコキュートが設置してあったりして、ベランダが狭くなっている物件もありますが、私個人の希望としては、ベランダはできるだけ広く使いたいものです。
バーベキューまではしなくてもいいですが、コーヒーや紅茶を飲んでリラックスしたり、読書をしたり、場所によっては花火鑑賞やお月見など、家の中の癒しスポットとしても活用したいと思っています。ですから、ベランダの広さ、間取り、方角、マンション回りの環境はとても大切です。
みなさんは、物件選びにどんな優先順位がありますか?優先順位を明確にしておくと、物件選びの際に迷いが少なくなってきますよ。

新築マンションへの引越し