中古物件を探す場合

新居の壁紙

新居を探すときは、壁紙をチェックするのがおススメです。

もちろん、壁紙を新調してくれていれば気持がいいのですが、

古いままの壁紙が貼っている場合には、要チェックです。

家具の配置や、壁紙の汚れ具合をチェックすることによって、前にそこに住んでいた方の生活スタイルが分かってくるからです。
参考⇒物件・新居探しはインターネット?フリーペーパー?

タバコ嫌いな人は

喫煙者

一番分かりやすいのが喫煙者

煙草をすう人の部屋は、壁紙が黒ずんでいます。良く見ると、カーテンや天井にもヤニがついています。

ヘビースモーカーだったら、真っ黒に。

ここまでこなくても、禁煙中や煙草を吸わない方には、煙草のにおいは敏感に分かると思います。

壁紙の日焼け

家具のレイアウト

あとは、壁紙の日焼けをチェックして、大型家具の配置を確認。

もし、自分がその部屋に引越しをしてくるんだったら、タンスやベッドをどのように配置して、どんな生活スタイルがよいかイメージしやすいからです。
参考⇒ベッドの引越し見積もり料金を安くするには?~運搬料金、解体、組立てダブルベッド、マットレス~

そして、前の住人がそこに大型家具を置いていたのも理由があると思います。

ドアの開けにくさや、近所から丸見えとか、色々ありますので、まずは引越し前にチェックして見ましょう!

新居を探すときは、前の住民がどのような生活をしていたかをイメージすることで、自分がそこに住んだときの生活がイメージしやすいと思います。

あと、壁紙が真新しいのに、柱が黒く汚れている場合も要注意です。ポイントは以前そこに住んでいた人がどんな生活環境だったかを想像してみましょう。

内見では、ここを見る!

内見

進学や就職のときはもちろん、引越ししようと思ったときには、新居探しが始まります。

家なんて、どこも一緒!家賃と駅からの距離だけ見ればいいでしょ!と言っている私の友人もいますが、毎日何時間も過ごす新居選びは、慎重になりすぎることはありません。
部屋探しのポイントの詳細はこちら

また、不動産屋に行って、必ずあるのが内見です。営業マンと一緒に車に乗って、新居候補のマンションやアパートに到着。玄関の鍵を開けて、中に入りました。
さて、どこをみますか?
一人暮らしのアパート・マンション物件探し(内見)のポイントとは?

そして、物件が決まったら、ウキウキワクワクして舞い上がってしまいますが、まあ、落ち着いてください!
これからが大切。実は、家賃って、値段交渉ができるの知っていましたか?
物件は値切れます!

物件が決まったら、いよいよ引越しです。新生活には本当にお金がかかるものです。
まずは、引っ越し業者への見積もりですが、どうします?引越し費用って、いくらかかるのか不安ですよね。
忙しい人でも、たった一回の操作で、安い業者を見つける方法があります。

【無料】引越し一括見積もりサイトで、引越し料金を最大50%安くする方法

壁紙を貼り換えて、お部屋をモデルチェンジ

部屋をモデルチェンジ

ここからは、ちょっと番外編。
私の知り合いにインテリアの内装を専門として、仕事にしている人がいます。
カーテンや壁紙を主に取り扱っているみたいなんですけど、
とっても楽しそうに仕事をしているんですよね。
私もインテリアは大好きなので、ついついうらやましく思ってしまいます。

その知り合いが言うには、壁紙を変えるだけでも、
ずいぶんと部屋の印象が変わるそうなんですって。
なので大きな模様替えやイメージチェンジが難しい場合、
まずは壁紙を変えることをおすすめするのだとか。

たしかにその通りですよね。
壁紙の色や模様によって、部屋はクラシックスタイルにもなるし、
ロマンティックスタイルにも簡単に変身することができます。

ボーダーやアラベスクなどの模様の入った濃い目の色の壁紙にすれば、
お部屋はクラシックスタイルにモデルチェンジです。
白やクリーム色、水色などの淡い色の壁紙にすれば、
お部屋はロマンティックスタイルにモデルチェンジです。
同様にイメージに合わせた壁紙を選ぶことによって、
お部屋はモダンスタイルにもアジアンスタイルにも
いとも簡単に変身できるわけなんです。

そう考えると、壁紙ってお部屋の印象を決めるのに
とっても重要なんだな、なんてあらためて気づかされますよね。
部屋に占める面積が大きいので、それもある意味納得なんですけど。

カーテンの方が簡単に変えることはできますけど、
壁紙に比べると面積が狭い分、やはりインパクトは小さいです。

なので今後、壁紙が汚くなって張替を考えるのなら、
まずはなりたいお部屋のイメージを考えなくちゃ、ですよね。

壁紙を張り替えて、イメージチェンジ

私の知り合いの旦那さんが、壁紙やカーテンなどの内装のお仕事をされているんです。
先日その知り合いと話した時に、なんでもご主人に大口の注文が取れて、
今は壁紙の張り替えに忙しい…なんていうことを言っていました。

我が家のリビングの壁紙は、真っ白です。
少々地模様がありますけど、ぱっと見た感じでは真っ白に見えなくもありません。
幸い家の中ではたばこを吸わないため、ありがたいことに白いままでいられるのですが。。。

私もその話を聞いて、我が家の壁紙を張り替えたくなったんですよね。
白い壁紙に飽きてきたところだったので、今度は模様の入った壁紙が
いいと思っているんです。
やっぱり壁紙が変わると、部屋の印象はがらっと変わりますからね。

でもいざ壁紙を変えるとなると、インテリアまで変えなくては
いけないような気になります。
やっぱり壁紙のイメージとソファーやカーテン、ラグ、テレビ台にテーブルなど、
私的にはトータルコーディネートしているので、
どれかひとつが変わるとすべて変えなくてはバランスが狂うような。。。

カーテンは手軽に買えられますけど、やっぱりソファーやラグなどの
大物インテリアは困りますよね。
処分するのか、どこかに保管しておくのか。
そういったことまでを考え出すと、壁紙を変えるのもおっくうになってきてしまいます。