銀行口座

海外に移住する際、ほんの数年でも気になるのが、「銀行口座」です。
給料の振込口座や、家族への送金の際にも必要になります。

日本にも住所を残しておく場合は、日本の口座はそのままにしておき、渡航後、現地での住所登録手続きが完了した後に現地の地元銀行で口座を開設する、というのが一般的であると思います。
また、メガバンクやインターネットバンキングであれば、たいていの作業はインターネットでできてしまいますから、「日本の口座から現金を引き出す」以外の作業なら、インターネットに接続できる環境にさえいれば、世界中のどこでも可能です。

ですが、世界中に支店・ATMを持っている銀行であれば、日本で開設した口座そのまま、キャッシュカードもそのままで、現地の支店・ATMから現金(もちろん現地通貨です)を引き出すこともできます。

私の知っている限り、最も便利なのは「シティバンク銀行」で、海外に留学していた友人たちだいたいシティバンク銀行を利用していました。HSBC(香港上海銀行)やICBC(中国工商銀行)もあります。

具体的には、移住が決まった時点で日本国内の住所でシティバンク銀行の口座・キャッシュカードを作り、現地でもその口座とキャッシュカードをそのまま利用するという方法です。
そうすれば現地での住所登録手続きを待つ必要もありません。

このような外国銀行の便利な点は、現地の通貨にて入金が可能で、必要に応じて外貨両替が可能なことです。
郵便局から外国に送金するとき、一度USDに変換されてから現地通貨に変換されるため、送金手数料と為替手数料を二重にとられてしまうデメリットがあります。

ただし、移住先があまりに田舎でシティバンク銀行の支店がない場合にはこの方法は使えません。
また、一生、海外に永住するつもりで日本国内の住所登録を抹消してしまう場合には、そもそも日本国内の銀行口座は作れませんのでご注意ください。
(あんまりないと思いますが…)

あと、日本国内では現金で買い物をすることが多いですが、高額商品になるほどクレジットカードやチェックで支払を済ますことが多くなります。そうなると、クレジットカードの引き落とし口座をメインバンクに変更するか、海外で創ったメインバンクの口座から引き落としされるクレジットカードを作っておくのがよいでしょう。