インターネットやフリーペーパーでは?

入居者募集中

引っ越しの物件探しってみなさんどうされてますか?
なんだかんだで、一番初めにやらなければならず、かつ最もめんどくさいのが、「物件選び」ではないでしょうか?

物件を選ぶ際、おそらくは、まずインターネットで沿線や居住形態の条件を元に検索することになると思います。

しかし、インターネットやフリーペーパーにもよさそうな物件はたくさんありますが、それらに掲載されている家賃や経費は少し割高になっている場合がほとんどです。

また、インターネットやフリーペーパーに掲載されている物件は多くの人の目に留まりやすいので、すぐに契約済みになっています。

ですから、インターネットやフリーペーパーの情報はあくまでその地域の相場を確認するだけにとどめるのがよいでしょう。

やっぱり不動産屋に行こう!

不動産屋で物件探し

では、実際に物件を選ぶにはどうするかというと、やはり、実際に住みたい地元の不動産屋さんに出向いて、手頃な物件を紹介してもらう、というのがベターではあります。

でも明確に「この駅に住みたい!」と決まっているばいいですが、漠然と「この沿線に住みたい」という場合は、不動産屋さんめぐりの手間と交通費もバカになりません。

というわけで、まずはインターネットで「物件」ではなく「不動産屋さん」を調べましょう。
(インターネットではなくタウンページなどでもよいです^^)

最近では、地元密着型の不動産屋さんでもウェブサイトがある場合もありますし、少なくとも電話番号くらいはわかるはずです。

そして、住みたい場所の不動産屋さんリストをつくり、それぞれに電話で希望する部屋の条件を伝えれば、FAXや郵送で空き物件情報をもらえるというワケです。

ひとり暮らしの場合はFAXってなかなか持っていなかったりするので、だいたい郵送になるかと思いますが、大手のウェブサイトやフリーペーパーには載っていないような、隠れたオトク物件が見つかる可能性があります♪

新居選びのポイント

新居選び

新居・物件選びをする際には、闇雲に探してもなかなか見つかりません。まずは、自分の希望や優先順位についてまとめておきましょう。

たとえば、予算、最寄駅(又は沿線)、マンション/アパート、新築/中古(築年数は何年まで許容できる?)、和室/洋室、間取り、オートロック、最寄駅からの距離(徒歩、バス)、方角/日当たり、一人暮らし/二人暮らし/同棲・新婚、賃貸/分譲などなど

上記のようなチェックリストにまとめて、気を付けることなども記載しておきましょう。期間が決まっている人なら別ですが、ある程度は時間がかかるものですので、じっくり探しましょう。あと、ネット上の成功談/失敗談は、参考程度にしておくのもコツです。

詳しくは⇒一人暮らしのアパート・マンション物件探し(内見)のポイントとは?
     部屋探しのポイント