転勤の辞令を受けるサラリーマン

転勤や単身赴任による引越しは、困ったことに

急に決まって、断りずらいです。

ですから、転勤や単身赴任が決まったら、すぐに準備を始める必要がありますが、

何をやったら良いか分かりますか?

引越し前では

 1.転勤(家族揃って引越し)か単身赴任か決める
 2.引越し先を決める
 3.引越し業者を決める
 4.引越し準備(梱包)をする
 5.引越し関連の手続きをする
 6.近所、仕事上の知人に挨拶をする 

があり、引越し後では

 1.荷物の開封、片付けをする
 2.近所、仕事関係に挨拶をする
 3.引越し関連の手続きをする
 4.引越しのお知らせ(手紙、メール等)をする

があります。

会社都合による引越しの場合には、引越し費用は会社負担になることが多く、自分で引越し見積もりを依頼する必要はなくなります。しかしながら、急に決まるので、引越し準備や片付けが大変になります。

転勤の場合には、子どもの学校関係の手続き(転校など)が一番大変になるでしょうし、

単身赴任の場合には、仕事をしながら引越し準備や片付けをしなければいけないのが一番大変になるでしょう。

どちらにしても、

・引越しが決まってから、実際に引越しをする期間が非常に短い
3月や9月など、引越しの多い時期の引越しとなる

など引越しをする上で、かなり厳しい条件となってきますので、引越し業者を上手に利用して、効率よく引越しを行いましょう。

また、会社関係の引越しの場合は、引越し料金が会社持ちとなることも多く、引越し業者の選別がいい加減になりがちですが、ここは要注意です!

引越し業者が指定されている場合は仕方がないかも知れませんが、自分で選べる場合には、業者選びは慎重に行いましょう。

良い引越しをする上では、引越し業者の選定は、もっとも大事なポイントです。一括見積もりサイトを利用して、対応がよく、親切な引越し業者を見つけましょう。

単身引越しで、最安値を探す

 

転勤や単身赴任と言うと、昔は会社から辞令が出ると、ほぼ100%断ることが出来ませんでした。しかしながら、最近の会社では、本人の意向を大事にする場合も多くなっているようです。

ただ、会社の意向としては、この厳しい経済状況の中で、少しでも売り上げを伸ばせるように試行錯誤を重ねていると思われます。そのために人材配置はとても重要で、個人レベルでこれを断れる状況にあるのか、会社の状況によっても変わってくるとことでしょう。

慣れ親しんだ職場や、住み慣れた家から引越しをして、全く新しい場所で新生活を始めることは、多くの方にとってストレスになるかも知れませんが、自分の幅を広げるいい機会だと思って、挑戦してみるほうが後々の人生経験にとってプラスに働くことが多いかも知れません。

転勤や単身赴任に関しては、仕事とプライベートのバランスが大切になってきますが、最終的には、自分が何を一番優先にするかが大切になってくるでしょう。