245720夏休みは恒例の彼氏とのW帰省でついに結婚報告をしてきました。お互いの両親も「やっと?」という感じでそれほどサプライズでもなくアッサリ。。

そしに二言目には「どこに住むの??」

やはり東京に娘&息子がいるとなると、遊びに行ったときに泊まれるかどうかというのは重要らしいです。

なので早速、東京に帰ってきてから不動産屋さんに行ってきました。

だいたいの引っ越し目安シーズンは、彼氏の現在のアパート更新の少し前である年明け~2月ごろ。

希望としては、私は猫を飼っているのでペットOKであるのはもちろんのこと、彼氏がかつて喘息もちだったので、猫と人を隔離できる部屋があることが絶対条件。

それを不動産屋さんに相談したところ、2LDKは最低でもないとダメ、ということになりました。
リビングは人も猫も出入りOK。寝室は猫NG。そしてもう一つの部屋は猫がダメな人はNGという計算です。

彼氏は猫を飼ったことがないので、若干、猫に無理を強いる発言(猫はリビングだけ十分じゃない?etc…)もあったのですが、そこは飼い主としていろいろと理由をつけて押切りました。

ちなみに有効だったのは、「リビングに猫を住まわせるとリビングがぐちゃぐちゃになるよ?」の一言。すごく納得してくれました。

私としては猫と一緒に寝ないなんてありえないのですが、それは猫部屋に私用のベッドを置くなりして考えたいと思います。

それにしても、結婚報告だけのつもりだったのに、滅多にない帰省だからとついでに式場&日取りまで電光石火で決めてしまって、自分自身びっくりしています(笑)
人生そんなこともあるか!

ということで、早ければ半年以内にDINKS+猫2の暮らしになりまそうです。
ところで皆さん、DINKSってどういう意味かご存知ですか?
「ディンクス」という単語だけが広まって、Double Income No Kids(子なし、共働き)の頭文字って意外と知られていないのかも。

「Double Income」が絶対条件ですから、学生結婚とか奥さんが専業主婦とかいう場合はたとえ子供がいなくても「ディンクス」ではないのです。

さてさて、本格的にペット連れ引っ越しの準備を進めるにあたり、やはり第一歩はペット可物件探しということがよくわかりました。

なお、ペット可物件にすると選択肢が一気に狭まるというのは定番ですが、逆にいえば選択肢を一気に絞れるわけで、いろいろ目移りして決められない…という状況を回避できそうなのはありがたかったです。