物件探し

先日、不動産屋さんに行ってきたのですが、残念ながらまだめぼしい物件は決まっていないんです。
それはなぜかといいますと、不動産屋のお姉さんが、「引っ越し希望日が年明けならまだまだこれからいい物件が出てきますよ!」と強くおっしゃるため…。

現在のアパートに引っ越した時は、すぐにでも入居したいという希望がったので、物件決め~入居までのタイムラグを考えず先走ってしまった感があるということです。

不動産屋さんとしても、どんなに強く進めようがお客(私たち)の都合が変わらなければしょうがないというのは十分理解しているようで、今後、条件に合った物件が出てきたら随時ご連絡します!という言葉に推されて、連絡先だけ交換して帰ってきました。

でも、収穫がまったくなかったわけではありません。
当たり前ですが、新婚夫婦+猫2匹で、希望の沿線での相場を知ることができましたし、相場が予想より安かったことで、マンションにするのか賃貸の戸建てにするのか等、選択肢やオプションが広まることもわかりました。
【無料】引越し一括見積もりサイトで、引越し料金を最大50%安くする方法

何より、最近の不動産屋さんの動向として、訪ねてその場で見学し決定という、短期的なおつきあいではなく、メールなどで物件情報をやりとりして、よい物件が見つかった時点で引っ越しをすることが可能であることがわかったのが大きかったです。

その不動産屋さんでは、過去に、特に引っ越し時期を決めていないお客さんと半年以上メールのやりとりをして、かなりよい物件が出てきたところで成約と相成ったこともあるそうです。

そう考えれると、不動産屋さんもある意味、「営業」なんですよね。

もちろん進学・就職シーズンなんかはそんなこと言ってられないかもしれませんがオフシーズンののんびり引っ越しであればこちらも慌てずに済むので助かります。
引っ越し時期は、いつがいいの?卒業式の後は、大学卒業→卒業旅行→新入社員と、忙しい!

もし余裕があればもう何軒か不動産屋を巡って、連絡先を交換していれば物件の選択肢も広がるはず。

私、というか彼氏の場合はあまり頻繁にメールに返信するタイプではないのでとりあえずは不動産屋さん一軒に絞って、引き続き物件紹介メールを待つことにしました。

猫

いい物件が見つかって、猫ともどもスムーズに新生活を始められますように…。

それにしてもなんだか結婚って怒涛ですね。不動産屋さんとのやりとりのほか、彼氏の地元で結婚式を行うため、式場やその後の食事会のレストランの担当者とのやりとりもすべてメール。
当然、地元にも今後頻繁に還らないといけないはず。。
かなりてんやわんやです。結婚式は来年の春なのに(笑)