インターネットサーフィン

ゴールデンウィークの連休中は、引っ越し節約術のサイト巡りをしていました。
といっても私自身は引っ越し予定がないのですが、何かブログネタになるものがないかな〜と思って^^

そのなかで気になったのが、「お金を節約」派と「時間を節約」派がキッパリ分かれていたこと。
そりゃ両方節約できるに越したことはないですが、お金と時間どちらも節約するのはなかなか難しいところ。

個人的な印象では、学生や家族の引っ越しは「お金節約」を優先。
独居単身の引っ越しは「時間節約」を優先する傾向があるように思いました。
(参考)⇒一人暮らしの引越し見積もりでは、単身パックを選ぶな!

おそらく学生はお金がなく、家族は人手があり、単身の場合は引っ越しに割ける労力が少ないのが原因ではないでしょうか。

特に社会人男性の単身引っ越しの場合は、ほとんどの作業を業者任せ。
せっかくの休日を引っ越し作業にあてるなんてもったいない!という人が多かったです。

独身男性の一人暮らし部屋

だいたい、男性の一人暮らしのイメージは、整理整頓されていない散らかった部屋なので、自分で引越し準備をきちんとしているイメージはなかったです。

また、独居男性は荷物も少ないと思われるので、すべて業者任せにしてもそれほど高額にはならないかも??

家族での引っ越しや女性の引っ越しのほうが業者任せな印象があったので、これは意外でした。

女性の場合は、こだわりの新居は多少時間がかかっても、できるだけ一から自分でコーディネートしたい、という願望が強いのかもしれません。

ただ、すべての年齢・家族形態で共通していたの節約術は、「引っ越し業者は値切る」ことでした。
引っ越し業者の見積もりをしっかりチェックして、自分に不要なサービスは割愛してもらうとか、ほかの引っ越し業者の見積もりをチラつかせて強気で値切るという強者も…。

いずれにしても、一番お金がかかるのは引っ越し業者と新しい家電・家具なので、その2つをどう手配するかが、時間&お金節約の鍵といえそうです。

新居が決まるまでは、どんな家にするのか、どんな家具を置こうか?といった新生活の夢物語を考える期間もあります。しかし、新居が決まって、引越し作業が始まったら、あとは考えているヒマもないくらい忙しくなってきます。

新生活の楽しいイメージと実際の作業をどうやってすすめるか?実はここのバランスも大切です。お金を重視すれば、自分でやらなければならない作業が増えていきます。そうかっといって、楽々パックなどで業者に依頼する部分を多くすると引越し費用もかさんできます。

引越しについては、知っているようで、知らないこと。引越しすることになって初めて気が付くことが意外に多いです。できるだけ早めに準備して、楽しみながら新生活を迎えられるようにしたいですね。