シャークスチームポータブルを購入して、色々と試しています。

今回は、金魚の水槽のフィルターです。

金魚の水槽のフィルター(使用後の汚い状態)

我が家では金魚を飼っているのですが、金魚が健康的に大きく成長して入ってくれるのは大変嬉しいことではありますが、それに伴って、水槽やフィルターの汚れる方も激しくなっていきます。

最初のうちは、金魚が大きくなるにつれて、大きめの水槽とろ過装置を購入していくのですが、部屋のスペースも限られているので、これ以上大きくするのは難しい状態になっています。

最近のフィルターは、昔のものと違って、使い捨てのような感じになっているのですが、それでも汚れて交換するペースが速くなってくると、少しでもケチりたいというか、「節約」したい気持ちになります。

水道水で洗うだけではなかなか汚れが落ちないフィルターですが、シャークスチームポータブルでは落ちてくれるのでしょうか?

シャークスチームポータブルで水槽のフィルターを洗浄中!

シャークスチームポータブルの本体に水を入れて、直接噴射ノズルを取り付けます。

あとは、上の写真のように高温スチームを吹き付けます。

スチーム洗浄では、フィルターの汚れは落ちませんでした。

残念ながら、フィルターの汚れは若干は落ちたものの、いまひとつの結果に終わってしまいました。

フィルターのように網目の置くに入り込んだ汚れには、スチーム掃除機は力を発揮してくれないようですね。

もしかしたら、汚れが取れる方法もあるのかも知れませんが、その辺りは今後の課題として、検討していきたいと思います。

しかしながら、水槽内の汚れやフィルター装置の汚れを取るのには普通に力を発揮してくれました。しばらく掃除をしないでいると、水槽の内側に藻のような汚れがこびりついたり、砂利の汚れが取れなかったり、浄化装置の中の汚れが取れ難かったりしますが、こんなときはスチーム掃除機はとても便利ですね。

洗剤を使わないと落ちないような汚れでも、水だけで洗浄できますからね。

ただし、微生物やバクテリアなど、金魚や熱帯魚を飼う上ではきれいにしすぎるのも良くないので気をつけましょう。

ペットの引越しの時、犬や猫はゲージに入れて、マイカーなどで一緒に連れていけばいいのですが、金魚だけはどうにもならないですよね。

引越し元と引越し先の移動距離にもよりますが、ペット屋さんで酸素入りのビニール袋を梱包してもらうなど特別な対策も必要になるでしょう。

あと、引越しはペットにとってもストレスになりますので、その後のケアのしっかりとしてあげましょう。ペットの引越しについいては、まずは見積もり時に引越し業者に確認してみましょう。

シャークスチームポータブルの詳細はこちら

今回の実験では、良い結果はでませんでしたが、犬や猫などのペットを方にとって、シャークスチームポータブルはとても便利な掃除機のようです。

洗剤を使わずに、洗浄、除菌が出来るため、フローリングや畳、ジュータンなどの掃除をしながら、ペットへの負担も最小限に抑えられるのはすごいことです。

特に新築に引越しをされた方は、最初のうちはきれいに使ってても、思わぬところで、汚れがついてしまったり、ペットの臭いが気になったりするものです。

そんなとき、市販の洗剤や芳香剤、特には酸性などかなり強い洗剤を使って床面などを痛めてしまった方も多いかも知れません。そんな失敗をしないためにもシャークスチームポータブルを活用してみるといいかも知れませんね。