ガレージ付き一戸建て

車好きの方は、新しい車が出ると乗り換えていきたい!と思っているかも知れません。

車を高く売りたい! と思ったら、距離数を抑えたり、キズをつけないようにするなんてことも大事ですが、実は大きく違ってくるのが、車の保管方法です。

炎天下の真下で、雨ざらしにって、保管というより、外に出されていた車と、屋内駐車場や車庫など、室内に保管されていた車では、外観の印象が全く違います。

大きな傷、へこみ、事故の跡がない限り査定にはそんなに響かないとは言われますが、やっぱり第一印象はとても大切です。

屋根付き駐車場の下で、大切に保管されていた車は、塗装の状態も良く、輝いて見えるでしょう。となると、次の書いてもすぐに見つかるかも知れませんね。

車好きの方なら、ガレージがついた一軒家や、広い駐車場付きのマンションに憧れると思いますが、普段は外を入っている車であっても、雨や直射日光にあまりあてないほうが長持ちはします。

こればかりは仕方がないことではありますが、普段からの手入れがとても大切ですね。

洗車を小まめにしたり、ワックスを塗ったり、といった作業は車が大好きで、しょっちゅう洗車場に行って車の手入れをしている人と、全くと言っていいほど何もしない人の両極端に別れてしまうかも知れませんが、あまり手入れをしずぎるのも良くないかも知れません。

程よく、大切に保管して、売るときには、1万円でも高く売れるといいですね。

屋根付き駐車場の代替え案

機械式駐車場

屋根付き駐車場というと、お金持ちの豪邸についるガレージや屋根がついた駐車場、もしくは高級マンションの地下駐車場をイメージするかも知れませんが、実はもっと安い方法で実現できます。

それは、マンションの機械式駐車場です。
一番上は、直射日光が燦々と降り注ぎますが、地下とか1Fなど屋上階でなければ、直射日光は防げますし、雨風も防げますので、ボディーの塗装への影響も最低限に抑えられます。

ただし、きちんと整備された機械式駐車場でないと、上化から油や雨水が落ちてくる可能性もあるので、そのあたりはきちんと見極めましょう。

機械式駐車場は、平面式の駐車場よりも月額料金が安いケースが多いので、特にサンデードライバーの方はチェックしておくと良いでしょう。