転勤による引越しの方ですが、引越しの時期が
お子さんの学校行事(今回は幼稚園の卒園式)が重なってしまうと、

家族全員が一度に引越しするのは難しいですよね。

ファミリーの引越し

今回の引越しされた方は、旦那さんはお仕事の都合で
先に引越しをしてウィークリーマンションで待機。

その後、お子さんの幼稚園の卒園式を待って、奥さんとお子さんが引越し。

ようやく引越し完了と思いきや。。。。なかなか大変だったようです。

[引越し概要]
・引っ越し時期 3月下旬(土曜日の午後の引越し)
・兵庫県姫路市から東京都八王子市へ
・家族構成 3人(子ども1人)
・間取りは変わらず3LDK
・引っ越し業者 ハート引越センター(会社の指定)
・引っ越し費用 不明(会社負担の為)
・引っ越し一括見積もりは使っていない

引越しが決まって

我が家は転勤族です。

2月中旬、主人の東京転勤が決まりました。

子どもが3月に幼稚園卒園を控えていたので、

3月1日付で異動する主人のみ先に東京に赴任し、
私と子どもは後からという形になりました。

2度に分けての引越しは、引越し費用や家具のことを考えると難しかったので、主人には1か月間ウィークリーマンションレオパレスに住んでもらい、4月1日に家族で新居に入ることになりました。

引越し準備

引っ越しは今回が初めてではなかったし、1か月半位時間があったので、気持ち的にも余裕がありました。

荷物はあまり多くはない方だとは思いますが、

一番頭を悩ませたのでは、子どものおもちゃや本などでした。

子どもはあまり使わなくなったものでも捨てたがらないし、
私自身ももったいない気持ちがありました。

「おもちゃも本も捨ててしまったらもったいないけれど、
喜んで使ってくれるお友達にあげたらいいよね。」

と子どもに言い聞かせ、お友達の兄弟にあげたり、児童館に寄付したりしました。

喜んでもらえたことが分かって子どもも納得していました。

不要になった衣類はリサイクルショップに持ち込みました。金額的にはわずかですが、捨ててしまうよりはずっといいと思います。

前回の引っ越しでは荷物の整理をせずに引越ししてしまって、転居先で大変な思いをしたので、今回はまず不要なものを片づけることから始めました。

ありがたいことに姫路市は粗大ゴミが無料で捨てられるので、転居先で使えないものについては、思い切って処分しました。

こうしてかなり荷物を減らしてから荷造りを始めたので、効率よく荷造りをすすめることができ、また転居先でも荷物の片づけがしやすくなりました。

子どものものが一番多かったので、子どものものが入っている段ボールに目立つシールを貼りました。

いちいち書くのが面倒だったのでそうしたのですが、引越し業者さんに分かりやすかったようです。

引越し業者について

今回はハート引越センターでしたが、訪問見積もりに来て頂いた時に思ったのは、たまたまかも知れませんが、あまり手際がよくないな、慣れていない感じだなということでした。

前回利用したアート引越センターの方は、訪問見積もり時にさっと部屋をみて、

  必要な段ボール数
  家具の種類と数、
  自転車や自動車の有無など、

手際良く正確に確認していました。

そういうものと思っていたのでお任せしておけばいいのかと思っていたら、ハート引越センターの方は押し入れの中などはほとんど確認せず、こちらが何がどれだけあるか言わないと、見落としていたり間違っていたりしたので、大丈夫かな?と不安になりました。

引越し見積もりなんてどこも同じだと思っていたんですが、実は引越し業者で結構違っていたいたんですね。

事前に車の陸送についても連絡していたのですが、まったく伝わっていませんでした。

数日後、段ボールと食器などを包むクレープ紙が届きました。

主人の釣り道具については見積もりにきた方に、「折れたりしないようにしっかり梱包して頂かないと責任もてません」と言われていたので、追加でエアーパッキンをお願いしました。

エアコンについては、大家さんの了解を得てそのまま残していくことにしていたので、その旨引越し業者に連絡していました。

ところがエアコン取り外し工事のことで、と電話が入りました。

説明をして断ったのですが、引越し前日にまた、明日取り外しに行きますと連絡がありました。その上、また当日の朝、今から行きますと連絡が・・・。

本当に忙しい時だったので、うんざりしてしまいました。

工事部門への連絡がうまくいっていなかったのかもしれませんが、
忙しさで気分が滅入っているのもあって、ちょっとイライラしてしまいました。

車の陸送について

今回の引越しで大変だったのが、車の陸送でした。

当日、約束の時間に来て頂いて問題なく車は引き取られたのですが、その後に、何度も

「お客様が不在だったので、車が予定通り引き取れませんでした。
どういたしましょうか。至急連絡ください」

と留守電が入っていました。
夜になって気付き連絡しましたが、「あ、そうですか」とのこと。

車は大丈夫なのか?と心配になりました。
陸送についてはハート引越センターから委託された別業者でした。

引越し前後はとても慌ただしいですし、引越し業者さんを信用してお任せしているのに、このようなことがあると余計な時間も取られますし、不安にもなりました。

引越しの作業に来て頂いた方たちは手際よく、丁寧でしたので、大満足だったのに、何だかもったいないなぁ、と思ってしまいました。

念のため追記しておくと、連絡の行き違いはありましたが、車の陸送自体はきちんとやってくれたので、その辺は大丈夫でした。

詳細は

・費用は会社負担でしたが、5万円程度
・家に取りに来てもらって、積載車に乗せて
 港まで運搬(フェリーでの運搬)
・始めに、傷や汚れなどを一緒に確認して、
 確認のサインをしました。(届いた時も同様)
・車には何も置かないようにとのことだったので、
 すべて出しました。(チャイルドシートはそのまま)
・船で運んだので、5日ほどかかりました。
・船から降ろしてからは業者が運転しての運搬でした。
 (使った分のガソリンについては補充されました)
・運転席が汚れないように、すっぽりとビニールのカバーをして、
 足元のマットにも敷物を敷いて運転してくれました(手袋も)
・ゼロ という会社でした。

今回は色々と大変でしたが、次回引越しするときは、一括見積もりサイトを利用して、引越し業者を選んでみるのもいいなあ、と思いました。

一括見積サイトで、引越業者を選ぶ