インコと引越し

今回の引越し体験談は、実家を出て、職場の近くへ引越しをされた方の実体験です。

一人暮らしを始めるするタイミングは、人それぞれだと思います。私の周りでは、大学や専門学校を卒業した後、就職をしたタイミングで一人暮らしをされる方も多いようです。

特に新入社員のうちは、残業や業務経験をつむためのトレーニングや研修など、多くの時間を仕事にさくことになるので、職場の近くに引っ越したい! というニーズは高まっていくでしょうね。

お名前:O・Cさん
年齢、職業、引越しの動機:29歳・会社員・実家から出て、より職場に近い場所に引っ越すため
引越し時期:シルバーウィーク(9月下旬)の連休
引越し開始時刻:朝から昼まで
引越し元、引越し先の県とおおよその移動距離:千葉県船橋市→東京都江戸川区亀戸
引越し元と引越し先の間取り:ご実家の家族用マンションから、1Kの単身用マンションへ
引越し業者名となぜその引越し業者にしたか:クロネコヤマト単身引越サービス
引越し料金は?:約6万円程度
一括見積もりサイトを利用したか?:一括見積もりサイトは利用せず、知り合いのクチコミで決定した

引越しの感想と、これから引越しされる方へのアドバイスなど:ペット(インコが7羽!)と人間一人の引越しだったので、本人は主にペットの面倒にかかりきりになった。

そのため、荷物の搬入・搬出は多少お金がかかっても業者に一任できるような業者を選択。引越し当日は、船橋→江戸川区の距離ではありますが、別途レンタカーも手配し、本人がインコ、関連グッズ(カゴ等)を移動させた。

旧住居が実家なので、時間的な焦りはあまりありませんでしたが、とにかくすべて一人でこなすのが大変!でした。

編集後記

いかがでしたか? 実家からの引越しということと、千葉県の船橋市から東京都江戸川区亀戸と距離的にあまり遠くなかったこともあり、簡単に引越しできると考えていたのかも知れませんね。

特にこの方の場合、インコが7羽もいるということで、自分自身の引越しというよりも、ペットの引越しみたいな感じになってしまったのかも知れません。

クロネコヤマトの単身引っ越しサービスだと、ペットは扱ってくれず、レンタカーを借りてペット関連を運搬したそうです。

一人暮らしの引越しで、クロネコヤマトの単身引越しサービスを使って、引越し費用が6万円もかかったというのは、ちょっと高い気もしますが、ペットを運ぶ際のレンタカー代や、ダンボール代などその他もろもろを考慮すると、そのくらいの費用が発生するかもしれませんね。

次回は、引越しの一括見積もりサービスを使って、ペットの運搬費用もあわせて見積もりを取ったほうが、ひっこし料金的も安くなるし、自分自身も楽できるかも知れません。

選択肢はできるだけ多くして、自分にあった引越しプランや引越し料金を絞り込んでくことが引越しを成功させるコツと言えるでしょう。

あと、引っ越しって、始める前は、そんなに時間がかからずにいきそうな感じですが、いざ始めると、結構大変なのに気が付くと思います。

梱包では、書籍や、洋服、食器類など、段ボール箱に詰めていくと思いますが、こんなにたくさんあったの? と思うほど、ものは多いのが普通なようです。

私の友人も、梱包作業で結局徹夜! なんてこともあったようっですが、特に自分でレンタカーを借りて引越しをする場合、睡眠不足だと思わぬ事故を招いてしまう可能性も考えられますので、健康管理も気を付けたほうがよさそうですね。