住宅の断面図

引越し体験談、今回は家族での引越しです。

昔、団地に住んでいる方が宝くじの一等に当選して、友人知人、さらには近所の人にもたかられて、最終的には、一戸建ての住宅に引越しをするというホームドラマがありました。

テレビドラマの中では、「団地を脱出する」なんて言い方をしていましたが、団地の中での半ば集団生活から一戸建ての持ち家に引越しをすることは、一種のステータスでもあり、夢や憧れでもありますね。

今回は、そんな素敵なライフスタイルを手に入れた方の体験談です。

今は住宅を購入するお金がない、なんていう方も、ひょっとしたら宝くじに当選してしまうかも知れませんよ!

そんなときになってからあわてないために、今から準備をしておきましょう。

お名前:I・Fさん(一家)
年齢、職業、引越しの動機:父母+3男・1女家族(子どもは全員成人に)
引越し時期:10月の平日(金曜日)
引越し開始時刻(朝から1日がかり)
引越し元、引越し先の県とおおよその移動距離:東京都葛飾区→千葉県鎌ケ谷市
引越し元と引越し先の間取り:公営住宅→一戸建て
引越し業者名となぜその引越し業者にしたか:アート引越センター
引越し料金は?:15万円くらい
一括見積もりサイトを利用したか?:利用した、が、余計選択肢が増えてしまい、結局大手に依頼。

引越しをしてみての感想と、これから引越しされる方へ一言(アドバイスなど):

とにかく疲れた!家族全員仕事があるなかで、引越し準備を進めるのが非常に難しかった。

有給を合わせたり、自分の荷物を一時勤務先に持ち込んだりと、家族全員の協力が必要だと感じだ。

家族全員、初めての持ち家だったため、外装(表札やポストなど)を決めるにも家族会議が必要だったのが大変だった。

男手が多かったので、業者には最低限の搬入・搬出を依頼するだけで十分だった。移動よりも、引越し前後の荷造りと片付けに苦労し、半年くらいは片付かなかった。

編集後記

いかがでしたか? 家族の引越しは引越しの中でも、もっとも大変な引越しのひとつですね。

家族の人数が多くなれば、多くなるほど
子供が成長すれば、するほど

荷物の数量が多くなります。

引越し料金はもちろん、引越し作業の大変さも荷物の数量にかかわってくるので、ファミリーでの引越しの大変さはイメージしやすいと思います。

今回のケースでは、お子さんが成人されているようで、荷物の運搬などの引越し作業を手伝ってもらうには十分だったようですが、会社の有給を合わせるのが大変だったようです。

そうは言っても、団地から一戸建てへの引越しはやっぱり嬉しいですよね。体験談の中では、表札やポストを決めるにも家族会議を開いたそうですが、結構たのしくやれたのではないでしょうか。

あと、一括見積もりサイトを使われたようですが、最終的には大手のアート引越しセンターに決められたそうですね。こちらは、一括見積もり経由なのか、直接見積もりをされたのかは分かりませんが、大手引越し経由で引越し依頼をするにしても、インターネットの一括見積もりサイトを使ったほうが引越し料金が安くなるケースが多くなります。

この方は、引越し業者に依頼する際、何を重視しているのか?

引越し費用を安く抑えたいのか
梱包や開封などの引越し作業全体を楽したいのか?
引越し元や引越し先での養生を丁寧にやってほしいのか?

など、引越し作業に求める優先順位を明確にしておけば良かったかもしれませんね。