自分でできる!?冷蔵庫の引越し

自分で冷蔵庫を引越し 注意点と運び方

学生さん一人暮らしや、社会人でも荷物が少ない方だと、引越し業者に依頼するよりも、自分で引越しした方が費用が抑えられていいんじゃないか!?と思いますよね。

その時にネックになるのが、大きな家具や家電。その中でも冷蔵庫は、大きくて、重くて、運搬方法にも気を使います。

ここでは冷蔵庫を自分で引越しする場合の運び方や注意点を紹介します。

準備編

冷蔵庫の中身を処分したり、前日に電源を落としたりなど、前もって準備をする必要があります。
これについては、冷蔵庫の引越しを参考にしましょう。

自分で引越しをする場合には、冷蔵庫を運搬できる乗用車やトラックを用意する必要があります。
冷蔵庫が大きくなれば、一緒に運んでくれる友人や仲間も必要になりますし、養生も準備しておいた方がいいでしょう。

横積厳禁!

軽トラを使って自分で引越しをする

冷蔵庫の運搬は、横積厳禁です!

冷蔵庫の引越しで一番気を使うのは、車への積み込み方です。横積みではなく、必ず立てて積み込みましょう。
もし、冷蔵庫を横にして運搬してしまうと、圧縮機の中にある冷凍機オイル(圧縮するための潤滑油)が冷蔵庫を冷却する装置の方に入ってしまい、故障の原因となります。(パナソニックシャープなど、冷蔵庫のメーカーによっては、修理が不能になると記載されている場合も)

そして、冷蔵庫は精密機械ですから振動に弱いです。運搬の際に振動を与えすぎると、冷え方が弱くなってしまう場合も考えられます。

プロの引越し業者に依頼する場合には、大丈夫だと思いますが、ご自分で引越しをする場合には、このあたりは注意しても、しすぎることはないでしょう。

旧タイプの冷蔵庫

特に、古い冷蔵庫をお使いの方、要注意です!

自己責任で

引越し用のトラック

自分で引越しするときには、自己責任が大原則です。

冷蔵庫も含めて、自分で引越しできる人はどんな人でしょうか?

■小型冷蔵庫で、素人でも運搬できる
■縦積可能なバンやトラック(レンタカー含む)が用意できる
■上記が問題なく運転できる
■引越しに慣れていて、体力と時間が確保できる
■建物の養生が問題なくできる
(新築物件よりも中古物件の方が望ましい)
■最悪、冷蔵庫が壊れてしまっても諦めがつく(自己責任)

自分で引越しをすると、一見、値段を安く抑えることができそうですが、上記のリスクがあります。
これを考慮して、本当に安いかもう一度考えてみましょう。

まずは、自分で引越しをすることが本当に安いのか?
引越し業者に依頼したら、料金はいくらくらいなるのか、調べておきましょう。

その際、一括見積もりが便利です。
カンタンな作業で、最安値の引越し業者が見つけやすいからです。

【最大50%OFF】一括見積もりサイト

体験談

男性

小型冷蔵庫だったので、乗用車で運んだのですが・・・
新卒で入社したのは、精密機械メーカーの会社の寮でした。お風呂、トイレ、洗面所が共有で、自分の領域は8畳ほどの洋間でした。
そこで使っていた1ドアタイプの小型冷蔵庫。小型とは言っても、乗用車で運ぶためには、横にして運ばなければなりませんでした。
引越し先で使おうとしたら、冷えませんでした・・・
少しくらいなら大丈夫だろうと、横にして運搬したのですが、
コンプレッサー内部の潤滑油が漏れた形跡はないのですが、ガス(冷媒)が抜けてしまったような感じです。
廃棄するための処分費用も掛かってしまい、もったいなかったです。

【最大50%OFF】一括見積もりサイト