ウィークリーマンション

仕事の転勤や、家庭などの諸事情によって、

急に引越しをしなければならない

場合もあると思います。

引越し先についてきちんと決まっていればいいのですが、

新居が決まっていない場合には、ウィークリーマンションを探して、一時的にそこに住む方法もあります。

転勤などで会社が費用を出してくれるか、お金に余裕があれば、ホテルでもいいですが、

ある程度の期間が予想される場合には、必要最低限の荷物を持って、ウィークリーマンションに住むほうが経済的です。

ウィークリーマンションを使って、上手に引越し、リフォームをしましょう!

急に引越しが決まるくらいですから、引越し先でも、かなり忙しく、すぐに新居を探せない場合も結構あるようですし、最近のウィークリーマンションは家具等が揃っていて、かなり快適に過ごせるようになっています。

その際に、貸し倉庫を利用して、運びきれない荷物を、一時保管する方法もあります。

また、最近増えてきているのが、新居をリフォームするために、一時的にウィークリーマンションに住む方です。

このときは、上記に比べてウィークリーマンションやトランクルームの選別になど準備に時間をかけられると思います。

別のケースでは、引越し先が遠隔地になる場合には、どこに住むか十分に調査できない場合もありますので、念のため頭の片隅に入れておくとよいでしょう。

またウィークリーマンションの費用もかかりますので、引越しの見積もりもがんばって値段交渉をしておいた方がいいかも知れませんね。

単身赴任の引越しの場合にもウィークリーマンション、マンスリーマンションを利用するケースが増えています。

ウィークリーマンションを利用するのは、出張や研修が多いですが、その他にも旅行、仮住まい、単身赴任、短期講習、スクーリング、受験といった一時的な利用がメインですが、

通常の住まい、寮、社宅、セカンドルーム、オフィスなど長期的な住まいとしての活用もあるようです。

仕事が忙しいときのホテル代わり、両親等の介護や看護、会議室の変わりとしての利用のほかに、鍵を紛失したときの一次利用、現実逃避などもあるようです。

転勤や長期出張の時には、ウィークリーマンションを活用して、そこから通勤する方法もあります。

ウィークリーマンションを選ぶ基準としては、家賃の安さ、目的地(会社、観光地など)へのアクセス、駅からの距離、部屋の備品の充実度、周辺環境の良さ、インターネット環境、契約期間、駐車場の有無、築年数、部屋数や広さ、企業名やイメージなどがあるようです。

やはり、今住んでいるマンションやアパートから通うには不便だけれど、ホテルの宿泊費も抑えたい場合の需要が多いようですね。

ただ、ウィークリーマンションも完璧ではないので、不満もあるようです。たとえば、部屋が狭い、壁が薄い(騒音問題)、家賃が高い、部屋に汚れや傷がある、インターネット環境、家賃以外の諸費用が高い、駅から遠い、周辺近所の環境が良くない、入居の手続きが面倒、従業員の態度が悪い、希望する地域以外など色々な意見があるようです。

一時的な住まいとしての利用に重点が置かれるウィークリーマンションですが、引越しのときも必要に応じて上手に使っていくといいかも知れませんね。

急な引越しでも安くする方法は?