プロフィール

こんにちは!神奈川県横浜市から地方移住して半年のSHOJIと申します。
新型コロナウイルスの影響でテレワークでの仕事がメインになり、地方都市(栃木県宇都宮市近郊)に引越しをしました。
今回は、夫婦二人での田舎暮らし体験談をシェアいたします。

引越し概要
  • プロフィール:40代 男性(会社員)
  • 家族構成:妻(専業主婦) 子ども無し 2人家族 ペット 小型犬1匹
  • 職業:ホテル、レストラン関係(現場というより本部に近いポジション)
  • 引越しの動機:新型コロナウィルスの影響をテレワークになったので(今後の人生も考慮し、支出を大幅に減らしたい)
  • 引越し時期:9月上旬
  • 引越し元 引越し先:神奈川県横浜市 栃木県宇都宮市近郊(約150㎞)
  • 間取り:3LDK分譲マンション 2LDKアパート
  • 引越し業者名と選んだ理由:アート引越センター(会社の契約で個人負担少なかったから)
  • 引越し料金は?:約15万円(個人負担3万円、残りは会社負担)
  • 一括見積もりサイトを利用した?:NO

会社の契約先であるアート引越センターを利用することで、格安料金での引っ越しができました。これも移住するのに背中を押してくれた大きな要因の一つです。やはり、引っ越し料金をできるだけ低く抑えることが最初のポイントになります。

私は子どもの頃、親が転勤族だったので何度も引っ越しをしてきましたが、その度に思うのが引っ越し初日の寝床の確保です。

これがうまく行かず、せっかく家はあるのにホテルに泊まった経験が何度もありました。もちろんその宿泊費は自己負担になります。これは見えにくいですが引っ越し費用の一部と考えなくてはなりません。

そのため、引き払う家から出発してその日の寝床をきちんと確保できることまで計算に入れた荷積みを最初からリクエストしておくことをおススメします。特に大きなベッドを持って行く場合、自分で組み立てるプランにしていると、絶対に間に合わないので要注意です。

田舎に引越し(地方移住)する理由

私のテレワークが認められたこと

私の職業は、サービス業なので基本的には接客という現場ありきの仕事がメインでした。
しかし、配属されている部署はマーケティングや宣伝といった、現場からは一歩離れたサポート領域だったので、このコロナ禍でリモートワークが認められることになったのです。
コロナ前は週5日、出勤していましたが2020年4月~5月の2ケ月は1度も会社に行かない状況となりました。その後も週2日通えば多い方だったので、私の生活の中で会社に通勤するという優先順位はどんどん下がっていったのです。

社内でのテレワーク事情

社内ではテレワークできる部署とできない部署で大きな隔たりがあります。現場に行かなければならない人は当然テレワークはできないので、社内での不平不満はとても大きいです。しかし、コロナ感染対策という社会的な大義があるので、会社としては認めざるを得ないというのが実情です。
そのため、もし私が現場の部署に異動した場合は、現在の地方移住は諦めなければならなくなります。とはいえ、この10年間同じ部署にいることと、現在の年齢で現場に復帰する可能性は少ないと考えています。あるとすれば、役員や部長クラスになってのマネージメントなので、その場合は収入的にどうとでもなると考えています。

コロナに感染してしまう心配が大きかった

2020年5月頃のニュースでは高齢者のコロナによる重症化が報じられていましたが、私の職場では老若男女と関わるケースが多いため、いつ感染しても不思議ではありませんでした。
また、もし感染してしまった場合、会社に迷惑をかけるため辞めなければならないかもしれないという不安もありました。
なによりも、著名人がコロナに感染して亡くなるというニュースも多かったため、都会での生活には大きな不安がありました。
2021年になりコロナウイルスのワクチン開発や様々な対策研究が進んでいる今であれば、そこまで不安になることは無かったかもしれませんが、当時の私は都会にこのあとずっと住む勇気はありませんでした。

生活費削減、支出を大幅に削減できると考えたから

今のところ給料やボーナスはある程度、貰えていますが、残業が減ったことで年収は大幅にダウンしました。また、コロナによる会社の業績悪化もあり、今後はボーナスも減る可能性が高く、どうにかして生活費を削らねば、と強く感じました。
当時、横浜市にマンションを購入していた私は毎月約12万円のローンを支払っていました。その費用をどう減らすかが最大の問題でしたが、マンションをローン費用よりも高く賃貸に出せる目途がついたとき、一気に地方移住が現実的になりました。
元々、物件が人気エリアにあり、常に借り手がいるマンションだったので有利な条件で賃貸に出すことができました。
おかげで、ローンを賃貸料で賄い、自分たちは地方の安い賃貸物件を借りる、という理想的な生活スタイルを実行することができたのです。

身軽な夫婦二人だからこそ地方移住を決断できた

私は子どもがいないので、学校や習い事といった子どもの問題を一切気にすることなく移住先を選ぶことができました。
例えば、将来、子どもが都会の大学に進学することになれば、一人暮らしのための仕送り費など都会にいれば、かからずに済んだ費用が発生するかもしれません。
また、習い事などは徒歩圏内で通えることは少なく、その移動費もバカにならなかったり、講師のレベルが都会ほど高くないなどの心配もあることでしょう。
家族の人数が増えれば、その分色々な条件と折り合いをつけなければならないので、思い切りが付かない人が多いと思います。
その点、私はあまり迷うことなく移住を決断することができました。

地方移住と都会の変化点

私は若い頃に一度地方での生活経験があったので、そんなに戸惑うことはありませんでしたが、実は思ったよりもお金がかかるし、テレビやネットなどで紹介されているような広々とした土地で誰にも気兼ねせずに生活できる、という訳でもないのです。
一言で地方と言っても、超田舎とトカイナカと呼ばれるような都会に雰囲気が似ている場所もあるので、そのあたりを紹介します。

場所:神奈川県横浜市 → 栃木県宇都宮市 
住居:分譲タイプマンション → 賃貸アパート
部屋の広さ:70平米 → 65平米
駐車場:1台15000円 → 2台無料
車:1台 → 2台(一人一台で、1台は軽自動車)

マンションからあえて木造アパートへ

私が地方移住した大きな目的は生活費の削減です。それはつまり家賃を低く抑えるということを意味していました。
確かに地方は土地も安く、大きな一戸建てがたくさんあり、そうした家に住むという魅力がありますが、コロナ禍ではそうした出費はかなり勇気のいる行為だったので、私は迷わず木造のアパートを選びました。
なにより、40代の夫婦2人きりの家族なので、このあと子どもができることもないため、もし、この土地が気に入ったら、あらためてその時に一戸建ての計画をゆっくりと練ることも出来ると思っています。

自動車は大人の人数分必要

多くの人が覚悟していることだと思いますが、地方生活では車が必需品です。そしてそれは1人1台必要になります。
通勤を考えた場合、テレワークで自宅にずっといる場合は不要かもしれませんが、現実的に家族全員が100%のテレワークというケースはとても少ないです。最低でも通勤用に1台は必要になります。
次に日々の買い物を考慮した場合、通勤用の車を併用することが意外に難しいことに気付きます。仕事で8時から18時まで使用しているとそれ以外の時間、あるいは休みの日に買い物をすることになりますが、家族が多い場合は夕食を作る時間に間に合わないことになります。
さらに、子どもの送り迎えに車を使う場合です。徒歩圏内に幼稚園、保育園があるケースは稀と考えた方がよいでしょう。塾や習い事などをする場合も、車で送り迎えするのは地方では常識です。それを通勤の行き帰りに合わせられれば、問題ないのですが、やってみるとなかなかそう上手くいかないことが多いのです。
そして、都会ほどカーシェアリングやレンタカーが発達していないという事情もあるため、やはりマイカーが必要となります。
引っ越しの初期費用に自動車を外している人は一度真剣に見直しをすることをおすすめします。

その移住先を選んだ理由

いざとなったら、新幹線通勤も可能なエリアだから

東京駅まで新幹線を使えば通勤も可能です。さすがに毎日新幹線通勤するのは辛いですが、週2日くらいなら問題ないという距離なのが魅力的でした。
実際に、コロナ前のときでも宇都宮市からは多くの人が東京に通勤していることを知っていたので、その点では安心できました。

都会からの移住者が多いから

今、40代という年齢からも、いきなり人生最後までここで生活するという考えにはなりませんでした。やはり、ワンステップ踏んでからより本格的な田舎暮らしをしようと考えたときの丁度良いバランスというのが、この栃木県宇都宮市でした。
栃木県にはホンダ、ニッサン、スバルなど大企業の工場が多く、都会から転勤という形で地方移住している人が多くいます。
そうした人達は事情は違えど、都会から突然、田舎生活をすることになっているため、境遇が似ていることから自然と話もしやすくなります。また、地元の人たちも都会からの移住者、転勤者の受入に慣れているため、たまに噂で聞くようないじめの類は聞いたことはありません。

適度な都会感があるから

過去に地方生活経験のある私に対して、妻は都会生まれの都会育ちでした。いきなり農業やペンションを経営することにはならないと思っていたものの、ある程度地方に慣れる必要があると考えていました。
あくまで将来にさらなる地方、田舎生活を満喫するためのステップと考えると適度な都会感のある街が理想でした。その基準は車で30分以内に大きなショッピングモールがあり、若い人が歩いている街並みが存在することです。
栃木県宇都宮市は比較的、そうして賑やかなエリアもあるためステップとしては理想の街でした。

物件を決める際に、重視した点

都会とはまるで違う住宅事情

都会で育った人は「この歳になってアパートは、ちょっと。。。」という方も多いと思いますが、地方ならではの住宅事情というものがあり、経済的に苦しい人が住む住居というイメージはありません。
むしろ、学生から家族持ちまで幅広い世代がアパートを上手に活用しているのが地方なのです。

高級車がズラリと並ぶ地方アパートの駐車場

例えば、私のアパートの駐車場にはメルセデスベンツ、レクサス、ポルシェ、ランドクルーザー、アウディなど都会のアパートでは到底考えられない高級車がズラリと並んでいます。もちろん住んでいる人もそれ相応の身なりをしているので高収入の方だと想像できます。つまり、地方のアパートは都会でいうマンションにかなり近い位置付けなのです。

地方ではアパートイコールマンション!?

元々土地の安い地方では住宅を購入する場合、大半が一戸建てを選択します。そのため、マンションは売れにくいというのが地方の常識なのです。結果として駅から離れたエリアでは賃貸イコールアパートとなるケースが非常に多いのです。
その分クォリティの高いアパート物件が多く、私の住んでいるアパートに関しては、一戸建てと遜色ないキッチンや水回り、壁の厚さ、さらには管理会社の細やかな対応など、不満はほとんどありません。

例えば、以下のような設備を備えたアパートがあります。これは、もうマンションですよね。浴室乾燥機、カメラ付きインターフォン、デジタルオートロック、サンルーム、室内物干し、24時間換気、内階段、手摺付き階段、キッチンはシャワータイプになる蛇口、カウンタータイプキッチン

環境の良さは生活レベルを高めてくれる

日当たりの良さはどの物件でも確約されていると言っても過言ではありません。横浜市のマンションでは日当たりは正直かなり犠牲にしていました。また、騒音がほとんど無いことにも驚きました。夜は驚くほど静かなのでぐっすり眠ることができます。
一戸建てとの違いは楽器が禁止なことくらいですね。それも音の問題というよりは、一部の非常識な人を排除するための最低限のルールという意味合いが多いようです。
みなさんも移住前に地方ならではの住宅事情を理解しておくべきだと思います。

地方移住して良かったこと

家賃が安いことで生活に余裕ができた

とにかく家賃が安くなりました。一番期待していたことだったので、この点についてはとても満足しています。
神奈川県横浜市にいた頃はローンを毎月約12万円支払っていました。さらに駐車場が15000円で、もっと細かくいうと駅の自転車駐輪場が月極めで3000円かかっていたので、それらを合計すると約14万円固定費がかかっていました。
それが、6万円で駐車場2台付きなので、約8万円の節約になっています。給料で毎月8万円増やすことはかなり難しいので、これがいかに生活の余裕に繋がっているのかはご想像いただけると思います。

混雑がなく時間を有効に使える

車での移動がメインになりますが、本当に渋滞がなくてどこにいくのも早いんです。例えば都会では5㎞先に行くのに30分以上かかることはザラでしたが、地方では30分あれば20km程度は楽に移動できます。しかも高速道路は使わずにです。
つまり単純に行動範囲は4倍に広がるという事です。これで高速道路も使えば、さらにいろんな所に早く移動できるので、休みの日の遊びは都会以上に充実しています。
地方あるあるですが、大型連休中に都会に遊びに行ったときの帰りの高速道路では、リゾートエリアから都会に帰る人達の大渋滞を横目に、悠々と時速100km/hで地方に帰ることができるので、あの無駄な渋滞を見ただけでいかに時間を有効に使えているかを実感します。

夫婦二人だから自由に空いてる日に遊びに行ける

夫婦二人で地方移住のテレワークメインだと、好きな日に休んで、好きな時間に遊びに行けるので本当にストレスがありません。
平日はどこも空いていて並んで何かをしたり、欲しいものが売り切れていたり、という経験は記憶にないですね。例えば、栃木県内の人気の観光地、日光や那須に遊びにいくときもGOTOトラベルが盛んに利用されていたときでさえ平日はとても快適でした。
海のない栃木県ですが、実は1時間ちょっとあれば太平洋の茨城県大洗海岸まで行くことができます。都会生活時代、横浜市から湘南海岸に遊びにいくときは週末ともなれば大渋滞でしたので、帰りは1時間半では帰ってこれませんでしたね。
そして、子どもと休みを合わせる必要もないので、ちょっと寒かったり、雨が降ったりした日は予定を変更して仕事をし、また別の日に遊びに行こうというように、とにかく自由に遊ぶ日を決められるのが最高です。

地方移住して良くなかったこと

車が2台必要になり出費が増える

地方移住の最大のメリットである家賃の安さに対して、出費が増える一番の要素が自動車です。もし、都会生活の時点で車を一台も持っていないとすると、いきなり二台必要になるので、最初の出費はかなり大きくなります。そして保険、ガソリン代、車検費用はもちろん、地方によってはスタッドレスタイヤなど思いのほか維持費もかかるので侮れません。

気心知れた友人がいない

生まれ育った地域を離れることに加え、仕事もテレワークが増えるということで、家族以外の人間関係がどんどん希薄になっていきます。
ただでさえ、コロナ禍で実家に帰省できないケースや地元の友人と交流できないケースが増えているので、新しい環境で積極的に人間関係を作るのはとても難しいです。
仮に子どもがいて学校などの交流があったとしても、学生時代からの友人のような気心知れた関係にまでなるのは難しいでしょうから、男性、女性ともにこの人間関係を一度リセットするという点については大きな覚悟が必要となります。
特に40代、50代など年齢が上になればなるほど、そうした人間関係が重要になってくるので、今後の地方移住のなかでも大きな課題になることでしょう。

ディープすぎる地元のしがらみ

私の住んでいる地域からさらに田舎に入っていくと、先祖代々その土地を守っている地元の人達が住んでいるエリアがあります。そして、そうした集落のようなエリアは日本にもまだまだ多く存在しているので、そうした地域でのよくある話を紹介します。
農家を中心に生活している人達はかならずグループを作っていて地元の組合いのような集まりが存在します。また、村の若手有志による消防団やお祭りのときに様々なサポートをする若手女性メンバーなど、暗黙の了解として住む以上は無視できない役割があることを事前に確認しておくことをおすすめします。
先輩、後輩という言い方をするなら、40代で地方移住をした場合、あなたは完全に若手の後輩という括りに入ります。そしてその土地に住み続ける限り、後輩の扱いを受ける可能性もあるので、見誤ると大変な事になりかねません。

地方移住を検討している方に、アドバイス

奥さんの不安は事前に確実に押さえること

一般的なケースとして夫が地方移住をしたがり、奥さんは渋々付いていくというイメージがありますが、もし、あなたがそのケースだとしたら奥さんが不安に思っている内容は事前に明確にしておくようにしてください。
理想はしっかりと話し合いをしてお互いが覚悟を固めた状態で地方移住することです。これはもちろん個々の性格によるので、一概には言えませんが私のように妻が都会生まれの都会育ちの場合は、田舎生活に馴染めない可能性も高いので最悪、ケンカから離婚に発展することもありえます。
そんな不幸なことにならないように楽しい夢の話ばかりでなく、あらかじめ想定できるお金や老後などの不安要素は確実に押さえておきましょう。

冬の寒さと値段が跳ね上がるプロパンガス

都会から移住して最初に驚くのがガス代の高さです。地方では基本的にはプロパンガスを使用しています。都会ではインフラの一部として自動で都市ガスが各家庭に送られてくるのに対して、地方では業者が大きなボンベを手作業で運搬してくるので、その費用が都市ガスの数倍に跳ね上がります。
私は都会で4000円程度だったガス代が13000円程度になりました。
特に冬が寒い地域では、エアコン、ストーブ、お風呂の湯沸かしなど暖房関連での費用に驚きます。そのため、引っ越す前にその地域が寒冷地エリアになっているかどうかの確認をおすすめします。住宅が寒冷地仕様になっていれば、部屋の暖房に関しては比較的安心です。

住居は賃貸がいいか、購入すべきか

どちらがいいとは一概には言えませんが、私はまずは賃貸をおすすめします。
なぜかと言うと、地方では一度一戸建てを購入してしまうと、それを売りに出すのも、賃貸に出すのも非常に難しいからです。
都会であれば、私のように賃貸に出すことも比較的容易です。多少条件を緩めれば売却することも難しくはありません。
しかし、地方では新築人気が高く、中古物件は不利と言われています。また、一戸建てを賃貸で借りる人はいずれ新築を購入するケースが多く、短期的になりがちです。そうなると何度も借り手が変わることになるので、家の痛みも早く価値が下がってしまいます。
つまり、一戸建てを購入する場合、失敗は許されないのです。
なので、まずは焦らずに賃貸からスタートすることをおすすめします。

 

最後に

やってみないと分からないことがほとんど

私は将来のことを考え、生活費の削減が地方移住の大きな目的でしたが、実はそこまで劇的に生活費が下がるという事はありませんでした。
確かに家賃は下がりましたが、車の二台持ちは予想以上にお金がかかります。ただ、会社が家賃の負担をしてくれたり、テレワークによる無駄な移動が減ったことでのメリットが思ったよりも多いです。さらに環境が静かになったことで、以前よりもしっかり寝れるようになったり、休みの日のリフレッシュの質が各段に上がったことで生活のリズムが良くなりました。
事前にたくさん調査はしたつもりでしたが、やっぱり実際に何か月か生活してみないと分からないことがたくさんあったので、あまり決めつけ過ぎないようにして、色々起こることも含めて地方移住と考えた方が楽しいと思います。
良かったのか悪かったのか、本当の結果は、もう少ししないと分かりませんが、今はとても満足しています。