9月中の引越しは、混みます!

9月は引越し繁忙期

9月中の引越しを予定している方は、できるだけ早めのアクションが必要です。

なぜなら、9月は会社で言うと、期末の時期にあたります。

プロジェクトの切れ目になることも多く、転勤もしやすい時期となります。

つまり、以下のような図式が成り立ちます

期末→プロジェクト終了→新人事(昇進・降格)→転勤・配属替え・人事異動
転職したい→仕事の区切りで→プロジェクト終了→転職

職種にもよりますが、転勤するのが当たり前のお仕事をされている方(特に営業の方)にとっては、この時期が来ると上司の顔色を伺いながら、ちょっとした刺激にも敏感になっているようですね。

一方開発や工場、事務系の方は転勤が少ないといわれていましたが、昨今の経済状況では工場や研究施設の合併、統合、閉鎖など大きな変化も起きていますので、ひょっとしたら転勤対象になるかも知れません。

3月の転勤と違って、直近になって言われることもあり、注意が必要です。引越しが決まったら、できるだけ早めに準備を進めましょう。転勤の場合は引越し費用は会社もちになる場合がほとんどですが、引越し会社への予約や打ち合わせは個々で行う必要があり、準備にかかる時間はとられますので。会社では引継ぎなど残務処理も忙しいとは思いますが、引越し作業は家族で強力して進められるといいですね。

それから、人によっては、転職もあります。
やっぱり区切りの良いときに転職したいですからね。

海外の学校では、学年の区切りとなるので、卒業や就職もあり、引越しをする人も多くなってきます。

留学ももちろんですが、日本国内のインターナショナルスクールでもこの時期に卒業、就職があったりします。日本の大学でも、帰国子女や外国人学生向けに9月入社を受け入れる学部も増えてきていますので、結構な数の引越し件数があるかも知れません。

9月の引越し料金は、高くなります

驚き

このように引越しに関する需要は高まりますが、引越し業者の供給は変わらないため、3月と同じように引越し料金は高くなります。
参考⇒3月の引越し見積もりで損をしない5つのポイント

引越し業者に引越し依頼をする場合、引越し件数が少ない時期ならば、割引率が大きくなっても、
引越し件が多い時期は、割引率がすくなくなるどころか、引越し業者への予約も取れなくなってしまうこともあります。

そうなると、残っているのは料金の高い引越し業者かも知れません。
地元の名前も知られていない引越し業者かも知れません。

もちろん、地元の小さな引越し業者が悪いわけではありません。一番の問題点は、引越業者選びにおいて選択肢が少なくなるということです。

引越し業者の数はたくさんあり、それぞれぞれが得意としている分野や、安く請け負うことができる作業など異なってきます。

自分に合った引越し業者なら、比較的安い値段で、希望に沿った引越し作業をしてくれます。荷物の梱包や開封、エアコンの取り外し、クリーニング、エレベーターがない狭いマンションでの引越しなどなど
引越しの楽々パックの意外なデメリット
エアコンの引越し~取り付け/取り外し費用を安くするコツ

引越しに必要なものは、実は細かいところでは全然違ってきます。手遅れにならないためにも早めのアクションを心がけましょう。

引越し見積もりも、早めに!

ポイント

上記の理由により、9月の引越し需要は高まり、予約が撮りずらい時期となります。
引越し業者の予約を取るためには、まずは引越し見積もりをする必要があります。

では、どこの業者に見積もり依頼を出しますか?

9月のような繁忙期は、スピードも大切ですので、一括見積もりサイトを利用して、安くて、自分にぴったりあった業者を見つけましょう。

【無料】引越し一括見積もりサイトで、引越し料金を最大50%安くする方法