インターネットの引越し

パソコン、インターネットの引越し

引越し手続きには、電気・ガス・水道・住民票・銀行・クレジットカードなどいろいろありますが、フレッツ光などインターネットプロバイダーの引越しを忘れていませんか?

ノートパソコンが手軽な値段で購入できるようになって、iPhoneやAndroidなどのスマホやiPadなどのタブレットを合わせると、一人で複数台の端末を使っている場合も多いでしょう。
そして、インターネットに接続して、LINEやfacebook、twitterなどのSNSや、youtubeやニコニコ動画などの動画を日常的に楽しんでいる人も増えてきました。

外では、LTEや3G4G回線を使用していても、自宅に戻ってきたら、Wifi(無線LAN)などを使って、自宅のインターネット回線から接続しますよね!?
そうしないと、すぐに容量制限に引っかかってしまって、大変なことになりますから・・・

それだけに、ほとんどの家庭で、フレッツ光やソネットなどのインターネット回線をひいています。

ヤフーで順位を見たり、グーグルで調べものをしたり、アマゾンや楽天市場で買い物をしたり
今やインターネットは生活必需品、ライフラインと言っても過言ではありません。地デジ対応のテレビにはパソコンのLANケーブルの端子もついています。
ついに、テレビもインターネットに接続する時代ですね。

あまりにも当たり前になってしまっただけに、引越し先でも普通にインターネットが使えると考えてしまうと思いますが、
インターネットが常時接続されているマンションもありますが、残念ながら、そういったマンションはまだまだ少数派ですね。最新式のマンションでも。。。
だから、引越しをする際には、インターネットプロバイダーの手続きも済ませてきましょう。

代表的なのが、フレッツ光、YahooBB、auひかり、コミュファ光、ピカラ光、ドコモ光、ソフトバンク光、NURO光、JCOMなどがあります。

これはとても不思議なんですが、プロバイダーに住所変更の手続きをするよりも、一旦解約して、新しいプロバイダーに入るほうが得するケースが多いこと、知っていますか?

最近は、スマホのキャリアなどとの光コラボも多く、携帯電話&インターネット&プロバイダー料金としてセットで割引してくれる場合もあります。
一番のおすすめは、こちらです。
      ↓    ↓    ↓
NTTフレッツ光

賃貸するならインターネット対応マンション

引越し先は、インターネット対応物件?

インターネットをパソコンで利用している人にとって、たった1日でもパソコンを使えないのはダメージになりますよね (ノ△<)

今はスマートフォンでもインターネットを使うことができますが、ブログを書いたり、写真を取り込んだりという作業は、パソコンでやる方がいいという方も多いと思います。

引越しと同時に、新居ですぐにパソコンでインターネットが使えるように準備しおきたいものです。
よく賃貸マンションやアパートに「当マンションはフレッツ光に対応しています」などという貼り紙がされていることがあります。
また、フレッツ光対応の賃貸物件に「加入契約のキャンペーンのお知らせ」として広告チラシが入ってくることもよくあるかと思います。

こういうマンションはインターネット対応マンションということで、建物自体ですでに回線工事が完了している ということですので、あとは部屋までの回線の引き込み工事をするだけでインターネットをすぐに利用することができます。
(念のため、光回線、LAN回線、VDSL回線など回線の種類も確認しておきましょう)

プロバイダ料金と回線工事の料金がかかることになりますが、引越し当日前までにプロバイダとの契約を完了させておけば、引っ越し後すぐに回線工事をすることができます。
キャンペーン中などは回線工事料金が割引になっている場合もあるので、その場合はかなり格安で回線工事をすることができますよ。

ただし、契約期間内に解約した場合は解約金が発生することもありますので、契約する前に必ず注意してくださいね。

プロバイダ変更でメールアドレスまで変わるのはめんどくさい!⇒普段からフリーメールで!

スマホでメール

インターネットを使い始めた頃(10年以上前…)は、インターネットのプロバイダから支給されるアカウントでメールをしていましたが、そんな時代も今は昔。
上京してからはもっぱらフリーメールでしかメールのやりとりを行っていません。

というのも、引越すたびにプロバイダを解約したり、変更したりしてそのたびにメーラーのアカウント設定を行うのが面倒くさくなったからです。

でも携帯電話のメールで何もかも済ませるのは難しい。
一方で、外出中に携帯端末でチェックできたほうが何かと便利だし…と言う人にフリーメールは非常に便利。

特に引越しに関するやりとり(不動産屋・引越し業者など!)をメールで行っている場合には、過去のやりとりを継続的に確認する必要がありますので、そういった場合フリーメールのほうが便利なのは明らかです。
「メールアドレスが変わりました」なんて連絡もしなくていいですし。
上記のような理由で、現在プロバイダ支給のアカウントは、契約者の私ですらメールアドレスも知らない状態です笑

今時、フリーメールのアカウントを一つも持っていないという人はいないとは思いますが、Yahoo!メールやGmailなど、一つは持っておいて損はないと思います。

でも、フリーメールの使用登録住所自体を変更するのは忘れずに!
登録住所に何かが送られてくる、ということはほぼありませんが、それでもYahoo!オークション使用時など登録住所情報が必要な場合はありますしね。