洗濯機

訪問見積もりの時などに、引っ越し業者の営業マンから説明があると思いますが、

洗濯機は、引っ越し前の準備として、水抜きが必要です。

当然ですが、水を使って洗濯をする洗濯機の中には、水が残っています(残水)。引っ越しのとき、このまま運搬してしまうと水漏れの可能性があるため、必ず水抜きを行います。水抜き方法は以下で説明します。

水抜き方法と手順

雑巾や不要なタオル、洗面器などの水受けを用意し、以下の手順に沿って、実行します。
(これは一例です。詳細は、取扱説明書や引越し業者の方に確認してください)

[給水ホースの水抜き方法]
1.水道の蛇口(栓)を閉める
2.ドアを閉めて、電源ONする
3.ドライコースなどを選び、スタートする
4.10秒ほど経ったら、給水ホースを外して残水を抜く

[排水ホースの水抜き手順方法]
1.蓋を閉めて、電源ONする
2.脱水処理を開始する
3.脱水終了後に槽内の水分をタオル等でふき取る
  (同様に洗剤ボックスの水分もふき取る)
4.雑巾や不要なタオル等を敷いて、排水口から排水ホースを抜く。
  必要に応じて洗濯機を傾けながら残水を取り除く
5.排水ホースの先端を洗濯機側面のホース掛けに取り付けて。
  運搬中に水漏れが発生しないようにする。

洗濯機の水抜きをしない状態で運搬すると、洗濯機の中に残っていた水がこぼれて(水漏れ)、洗濯機そのものを壊してしまったり、他の荷物を濡らしてしまう可能性があります。

ですから、引越し当日は洗濯機の水抜きをきちんと行っておきましょう。

また、引越し前の最後の洗濯は前日までに済ませるなどして、できるだけ洗濯機内に水を残さないようにしましょう。洗濯はできたけど、干す場所がない・・・なんてことにならないように。

洗濯機の引越し

洗濯機の引越し

引越しをするとき、当然ですが、洗濯機も一緒に引越しをします。

普段は何気なく使っている洗濯機ですが、取り外しや設置を考えると結構大変です。
給水ホースや排水管にホースを取り付けたり、アースを接続したりと、素人には分かりにくい設置作業がありますし、間違ったやり方をしてしまうと、水漏れや感電の恐れもあります。

引越し業者を選ぶポイントは、これらの作業をきちんと行ってくれること。そして、引越し料金も安いこと。

おすすめは引越しの一括見積もりサービスです。一回の記入で複数の業者に見積もり依頼が出せるので、その中から選ぶだけです。しかも、無料で使えます。

親切な引っ越し業者は、訪問見積もりの際に、洗濯機の水抜き方法なども丁寧に教えてくれます。大切な荷物ですから、信頼できる引越し業者に任せたいですよね。

一括見積もりで引越し業者を探す

洗濯機を買い換えるべきか?

洗濯機

普段はあまり気にかけることもない洗濯機ですが、引越しの機会に買い替えを検討する方も多い様です。

洗濯機は家電製品の中でも、モーターなど機械的な部分が多く、月日が経つについて劣化してしまうのは仕方がないことです。

また、洗濯機が壊れると、コインランドリーを利用することになると思いますが、洗濯をしにいったり、出来上がりをとりに行ったりなど面倒なことが多いです。さらに、女性の場合は下着の盗難などにも注意しなければいけません。

古い洗濯機と新しい洗濯機を比べると

■汚れ落ちがいい
■省エネ(電気代、水道代のほかに、洗剤、柔軟剤、漂白剤の量も)
■時間短縮
■音が静か(共働きで夜の洗濯もOK)

といったメリットがあります。また、おうちクリーニングやプラズマクラスター(シャープにて。パナソニックでは、ナノイー)といった消臭機能がついているものもあり、コートや靴まで自宅で洗濯できるものもあります。

あと、洗濯機の中身って、結構汚れているんですよね。昔は二層式しかなかったのですが、今は全自動洗濯機が主流です。全自動洗濯機は、洗濯層内部にカビが発生しやすいです。引越し費用を検討した上で、エアコンや冷蔵庫と一緒に買い替えをする方も多いようです。

縦型洗濯機(ドラム式)と横型洗濯機

新生活などで洗濯機の購入を考えている方、そろそろ洗濯機を買い替えたいと思っている方は、こちらを参考にしてみてください。

洗濯機には、従来からある横型と、欧米によくある縦型(ドラム式)があります。

日本では昔から横型が多かったのですが、最近はドラム式も人気が出てきました。ちなみに、アメリカやヨーロッパでは、洗濯機と言えばドラム式が普通です。

これから洗濯機を購入する場合、どちらを選んだら良いのでしょうか?
横型と縦型(ドラム式)洗濯機のメリット・デメリットについて紹介します。

横型洗濯機の場合

横型洗濯機

まずは従来からある横型洗濯機の場合。

<メリット>
■お手ごろ価格から購入できる
■音が静か
■洗濯機のバリエーション(種類)が多い

<デメリット>
■水をたくさん使う
■洗濯物がからみやすい
■洗濯物を出し入れするときが大変

縦型洗濯機(ドラム式)の場合

縦型洗濯機(ドラム式)

続いて、ドラム式洗濯機の場合です。

<メリット>
■水を節約できる
■洗濯物が絡み難い
■乾燥機付きが多い

<デメリット>
■音が大きい
■洗濯機自体が大きくなりがち
■値段が高くなりがち

一人暮らしでの使用を前提とすると、

■深夜に洗濯をすることが多いなら「横型洗濯機」
■乾燥機を使うことが多いなら「ドラム式洗濯機」

がおすすめです。

あとは、予算や洗濯機置き場(防水パン、排水口、蛇口の位置など)に入るかなどを考慮しながら決定しましょう。洗濯機を購入する場合は、地元のリサイクルショップなどに行くと、かなり安く購入できますが、「おうちクリーニング」や「ナノイー除菌(又はプラズマクラスター)」などを使いたかったら、ちょっと高くても新品を購入したほうがいいかも知れません。

スーツやセーター、お洒落着などが自分の家で洗えるようになれば、クリーニング代を考えると、結局はお得になる場合が多いですからね。

念のため、コインランドリーもチェックしておく

コインランドリー

これだけ洗濯機のことを書いておきながら、コインランドリーのことを追加するのは、矛盾しているようですが、実はとても大切なことです。

Tシャツ、ズボン、下着、タオル、ハンカチなど毎日色々なものを選択してくれる洗濯機ですが、残念ながら寿命があります。他の家電製品でも一緒ですが、寿命はある日突然来ることが多いです。
ですから、もし、洗濯機が動かなくなった場合でも慌てなくて済むように、近所のコインランドリーをチェックしておきましょう。おそらく何軒かあるかとは思いますが、比較的きれいで、生き返りの道のりも安全で、両替機も設置しているものが便利でしょう。
あと、梅雨の時期などは、乾燥機を使うためにコインランドリーに行く場合もありますので。

昔は洗濯機置き場がないアパートや、あっても屋外に置き場がありましたが、現在では、室内に洗濯機の置き場があったり、浴室乾燥機が標準装備になってきています。

日常的にコインランドリーを使う方は減っていると思われますが、街中ではコインランドリーはまだまだ多く、繁盛しているようです。

洗濯機が壊れた、毛布など大きなものの洗濯には、まだまだコインランドリーは大活躍です。引越しをしたら、最寄のコインランドリーはどこにあるのか?念のため確認しておくとよいでしょう。

Q&A

Q&A

引越し前の洗濯はいつまで可能なの?

水抜きができればOKですので、前日の夜、もしくは当日の朝も洗濯機を使うことができますが、その後の干す場所などを考えると、前日までに済ませて、当日の分は引越し先で洗濯するのが良いでしょう。

防水パンって何?

洗濯機置き場にあるプラスチック製の皿のようなものです。万が一洗濯機から水が漏れても、防水パンがあれば、部屋を濡らしてしまう心配がありません。防水パンの掃除ができるのは、引越しの時くらいなので、きれいに掃除しておきましょう。

二層式洗濯機と全自動洗濯機のどちらも選べるの?

防水パンの中に入れば使えますが、おおよそ以下のようになっています。
防水パンが長方形のものは二層式用で、正方形のものは全自動用です。

縦型洗濯機(ドラム式)と横型洗濯機のどちらも選べるの?

基本的には、どちらも選べます。ただし、縦型洗濯機はたたき洗いを行うため、騒音ではないですが、音が大きくなる傾向があります。木造のアパートなどでは、横型のタイプの方が安心かも知れません。

リンス(柔軟剤)は必要なの?

洗濯の際、洗剤のみで柔軟剤を入れなくても洗濯は問題なくできます。ただし、柔軟剤には、香り他に静電気防止効果もあり、特に花粉症の時期では花粉が付きにくくなることも期待できるようです。また部屋干しでは、匂いが気になることがありますが、このときも柔軟剤があるほうがいいでしょう。

洗濯機の掃除は?

洗濯機の中身はカビが発生しやすくなっていますので、重曹や専用の洗剤を使って定期的に、洗濯機の洗浄を行いましょう。使い方は、トリセツでご確認ください。