引越しのタイミングで洗濯機を買い替える?

縦型洗濯機?横型洗濯機?どっちがいい?

普段はあまり気にかけることもない洗濯機ですが、引越しの機会に買い替えを検討する方もいます。
(現状の洗濯機を引越し先に持って行く方は、こちら

洗濯機は家電製品の中でもモーターなど機械的な部分が多いため、長年使い続けると劣化してきます。

また、洗濯機が壊れると、コインランドリーを利用することになると思いますが、洗濯をしにいったり、出来上がりをとりに行ったりなど面倒なことが多いです。さらに、女性の場合は下着の盗難などにも注意しなければいけません。

新しい洗濯機に買い替えるメリットを考えると、以下があります。

■汚れ落ちがいい
■省エネ(電気代、水道代のほかに、洗剤、柔軟剤、漂白剤の量も)
■時間短縮
■音が静か(共働きで夜の洗濯もOK)

また、おうちクリーニングやプラズマクラスター(シャープにて。パナソニックでは、ナノイー)といった消臭機能がついているものもあり、コートや靴まで自宅で洗濯できるものもあります。

あと、洗濯機の中身って、結構汚れているんですよね。昔は二層式しかなかったのですが、今は全自動洗濯機が主流です。全自動洗濯機は、洗濯層内部にカビが発生しやすいです。引越し費用を検討した上で、エアコンや冷蔵庫と一緒に買い替えをする方も多いようです。

縦型洗濯機(ドラム式)と横型洗濯機

縦型洗濯機と横型洗濯機

新生活などで洗濯機の購入を考えている方、そろそろ洗濯機を買い替えたいと思っている方は、こちらを参考にしてみてください。

洗濯機には、従来からある横型と、欧米によくある縦型(ドラム式)があります。

日本では昔から横型が多かったのですが、最近はドラム式も人気が出てきました。ちなみに、アメリカやヨーロッパでは、洗濯機と言えばドラム式が普通です。

これから洗濯機を購入する場合、どちらを選んだら良いのでしょうか?
横型と縦型(ドラム式)洗濯機のメリット・デメリットについて紹介します。

横型洗濯機の場合

横型洗濯機

まずは従来からある横型洗濯機の場合。

<メリット>
■お手ごろ価格から購入できる
■音が静か
■洗濯機のバリエーション(種類)が多い

<デメリット>
■水をたくさん使う
■洗濯物がからみやすい
■洗濯物を出し入れするときが大変

縦型洗濯機(ドラム式)の場合

縦型洗濯機(ドラム式)

続いて、ドラム式洗濯機の場合です。

<メリット>
■水を節約できる
■洗濯物が絡み難い
■乾燥機付きが多い

<デメリット>
■音が大きい
■洗濯機自体が大きくなりがち
■値段が高くなりがち

一人暮らしでの使用を前提とすると、

■深夜に洗濯をすることが多いなら「横型洗濯機」
■乾燥機を使うことが多いなら「ドラム式洗濯機」

がおすすめです。

あとは、予算や洗濯機置き場(防水パン、排水口、蛇口の位置など)に入るかなどを考慮しながら決定しましょう。洗濯機を購入する場合は、地元のリサイクルショップなどに行くと、かなり安く購入できますが、「おうちクリーニング」や「ナノイー除菌(又はプラズマクラスター)」などを使いたかったら、ちょっと高くても新品を購入したほうがいいかも知れません。

スーツやセーター、お洒落着などが自分の家で洗えるようになれば、クリーニング代を考えると、結局はお得になる場合が多いですからね。

念のため、コインランドリーもチェックしておく

コインランドリー

これだけ洗濯機のことを書いておきながら、コインランドリーのことを追加するのは、矛盾しているようですが、実はとても大切なことです。

Tシャツ、ズボン、下着、タオル、ハンカチなど毎日色々なものを選択してくれる洗濯機ですが、残念ながら寿命があります。他の家電製品でも一緒ですが、寿命はある日突然来ることが多いです。
ですから、もし、洗濯機が動かなくなった場合でも慌てなくて済むように、近所のコインランドリーをチェックしておきましょう。おそらく何軒かあるかとは思いますが、比較的きれいで、生き帰りの道のりも安全で、両替機も設置しているものが便利でしょう。
あと、梅雨の時期などは、乾燥機を使うためにコインランドリーに行く場合もありますので。

昔は洗濯機置き場がないアパートや、あっても屋外に置き場がありましたが、現在では、室内に洗濯機の置き場があったり、浴室乾燥機が標準装備になってきています。

日常的にコインランドリーを使う方は減っていると思われますが、街中ではコインランドリーはまだまだ多く、繁盛しているようです。

洗濯機が壊れた、毛布など大きなものの洗濯には、まだまだコインランドリーは大活躍です。引越しをしたら、最寄のコインランドリーはどこにあるのか?念のため確認しておくとよいでしょう。