お正月

冬休みの引越しを計画している方に

この時期の引越しコツです。

タダでさえ忙しい年末年始ですが、新居でお正月を迎えたい方も多いと思います。

そんな方のために、引越し見積もりと、準備のポイントをお知らせします。

年末に引越し

年末大掃除

冬休みというと、大きく分けて、年末と年始に分かれますが、

人気があるのが、年末の引越しです。

今年中に引越しを済ませて、新居で新年(お正月)を迎えたい。

と多くの方々が思うからでしょう。

年末の引越しで注意することは、

・早めに引越し業者の見積もり・予約をとること
・引越し手続きも抜かりなく
・ご近所への挨拶や地域調査も

まず、師走というくらいですから、ただでさえ忙しい年末に引越しという大行事を行うわけですから、かなり忙しくなることは覚悟しておきましょう。

手順としては、遅くとも12月の初旬には、引越し業者の見積もりと選定を完了して、梱包や不用品の処分などの準備を進めおきます。

次に、特に役所関係の手続きですが、年末は業務が停止することがありますので、余裕を持って手続きを進めましょう。

そして、ご近所への挨拶とともに、近所のスーパーやディスカウントストアーなど生活に必要な情報も調査しておかないと、せっかく年始を新居で過ごすのに、何もない状態になりかねませんので。

最後に、電気ガス水道に加えて、現代のライフラインと言われているのがインターネットです。役所や会社が休みになる年末年始の時期には、インターネットの情報収集が本当に役に立ちます。
引越し先でもインターネットがつかえるように、プロバイダーの引越し(住所変更)もお忘れなく

年始の引越し

初詣

年始の引越しは、年末に比べて予約がとりやすいです。

ただし、引越し業者もお正月休みに入っている可能性が大きいので、この時期でも営業している引越し業者を探すのが大変かも知れません。

コツは、一社だけに依頼するのではなく、できるだけ多くの業者に問い合わせをして、見積もり依頼を出して、お正月休みでも快く引き受けてくれそうな業者を選ぶことです。引越しの時期にもよりますが、業者への見積もりは年内に済ませておくほうが安心です。

お正月休みの時期は、遠く(人によっては海外)に旅行に出かけているか、家でのんびりしている人が多く、幹線道路が空いていて、運搬もしやすくなると思います。

ただし、現在住んでいるところや、新居ではしっかりとした挨拶をしておいたほうがいいでしょう。一年の計は元旦にあり!と言う諺がありますが、新生活は最初の挨拶から始めると考えて、ご近所の挨拶をしておきましょう。

冬休みの引越しについて

冬休みの引越しのポイント

冬休みは引越しシーズンではありません。3月の忙しい時期の引越しとは違って、引越し業者への予約が全くとれないことはないかも知れませんが、

年末年始は、本来の業務以外にも色々と忙しくなってくるのは、私たちもひっこし業者も同じことです。

冬休みの引越しでは、上記に加えて期限も決まっているので、見積もりなど、早め早めの準備を心がけましょう。

冬休みで最大50%割引の引越し見積もり