賃貸マンションと分譲マンションを比較

分譲マンション

今現在は、分譲マンションに住んでいますが、その前は賃貸マンションに住んでいました。
実際には、2階建ての軽量鉄骨なので、マンションというより、アパートと言ったほうがいいかも知れません。

子供が生まれて、2DKでは手狭になったことと、将来的なことを見据えて、新築マンションに引越しをすることにしました。間取りは3LDKで、新築の分譲マンションです。

この経験を元に、賃貸マンションと分譲マンションを比較してみると

賃貸マンションでは

・子供がいればご近所づきあいもあるが、全く知らない人もいる
・上の階の足音、ドアの開け閉め、テレビやオーディオなどの音が聞こえる
 → 特に引越しやリフォームの時には、かなり大きな音がする
3月など引越しの多い時期には、必ず入れ替わりがある
・ゴミ集積所が汚い(ゴミ出しのマナーが守られない。管理人さんなど掃除する人がいない)
・通路など共有スペースが汚い
・共有スペースのメンテナンスが行き届いていない(蛍光灯が切れているときなど)

分譲マンションでは

・中規模のマンションということもあり、一通り顔は知っているし、挨拶もする
・上の階やお隣さんの生活音は、ほとんど聞こえない
・引越しシーズンに限らず、入れ替わりがほとんどない
・ゴミ集積所がきれい(管理人さんが掃除してくれるので)
・共有スペースのメンテナンスがいき届いている(管理人さんのおかげ)

と、こんな感じになっていて、これを見る限り、分譲マンションの方が快適だということになります。

大きな違いは、分譲マンションの場合、それぞれが持ち家で、そのマンションに長く住み続ける意思があるので、共有スペースなども大切に扱うし、隣近所の方との人間関係も大切にしている感じがあります。

マンションの壁や床などの防音設備といったつくりもしっかりしているため、生活音が漏れてトラブルになるようなことはほとんどないです(多分、うちのマンションではそういったトラブルは発生していない)。

ということになりますので、私の見解をまとめると、分譲マンションの方が住みやすいということになります。

分譲マンションに住むためには

分譲マンションのエントランス

分譲マンションに住むためには、

・転勤など引越しの予定がない
・住宅ローンが組める
・住宅ローンを払っていける

といった条件を満たせばOKだと思います。転勤族の方は仕方がないと思いますが、そうでない方は、分譲マンションを検討してみると良いでしょう。

住宅ローンに関してですが、月々の支払いが今の家賃と同じくらいのマンションを選びましょう。
その際、ボーナス併用はしないほうがいいです。分譲マンションになると、管理費、修繕積立費のほかに、固定資産税がかかりますので。

あと、分譲マンションを購入する場合、中古物件よりも新築物件の方がおすすめです。
エントランスやエレベータのような共有部、住居内の壁紙や床、キッチン、バスルーム、トイレが新品できれい!といったメリットもありますが、

それ以上に、人間関係も新しい!ということです。

ほとんどの方が、色々な場所から引越しをしてきて、その新築マンションで生活を始めます。
基本的に、みんな初対面です。既に出来上がった人間関係の輪に入っていくのとは違い、近所の方とも仲良くなりやすいです。

これは、入学式から入るのか、途中から転校して新しいクラスに入るのかをイメージしてみると、分かりやすいと思います。

と、いうわけで、新築マンションはおすすめです!

新築マンションへの一斉引越し